FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

時間がかかる

歳をとると、変化への対応が難しく感じる。
若い時なら、柔軟に応じられた些細な事柄も、なんだか難儀に思えてしまう。
新しくなったそれに慣れるまでに時間がかかる。
昨年12月7日にPCを新機に変えた。息子は、今までと同じだというけれど、それでも些細な箇所で戸惑いを覚えた。

例えば、再起動の場合、旧機では左下スタートアイコンの所に「再起動」の文字が現れ、それをクリックすればできた。
ところが、新機では、スタートアイコンのどこにも「再起動」の文字がない。こうなると途端に不安になってしまう。
息子に訊ねると、それはシャットダウンの右脇にある三角マークをクリックすると、そこに「再起動」の文字が現れる。それをクリックすればできることが分かった。
うう、知ってしまえば、どうってことないのだが、それが分かるまでに時間がかかる。

「天童の家」風呂場回りの改修で、やはりある変化がおき、戸惑いも生じた。
例えば、ユニットバスの機能を働かせるためのボタン(スイッチ)の内容が、なかなか理解しにくい。
湯温度を上げたい、浴槽の湯量を増やしたい、このボタンはいったい何?といちいち戸惑いを覚える。

洗面台だけの湯を沸かしたい。どうすればいいのか?
業者から説明を受けたのだが、その時は理解したつもりなのに、後で自分でやろうとすると分からなくなる。
パソコンなどと違って、家電だから、そう七面倒でないはずなのに、ただこれまでの操作と違うというだけで戸惑いを覚えるのである。

72歳の私でさえそうなのだから、86歳になる母は、もっと大きく深い戸惑いだろう。
妻から、丁寧に教えてもらっているのだが、やはり時間がかかる。忘れしまうこともある。
せっかく快適な使い勝手にしてあげたつもりなのに...... 母には、それが良くなったという気がしない。
押さなくてもいいボタン(スイッチ)を押し、思う通りに機能しないことで苛立ちを覚えたりする。

時間をかけて覚え、慣れるしかないだろう。年寄りは、時間がかかるものだと開き直ればいいのだ。
忘れたり、分からなくなるのが年寄りである。ということを家族みんなの共有認識にすればいい。
しばらくすれば、分かって、慣れ親しみ、より快適な風呂や洗面台となるはずだ。
歳をとりたくないといってもはじまらない。誰もが歳をとる。

暮らしの環境が変わる、ということは、高齢者にとってはたいへんな負荷になる。
良かれと思って、優しく整った施設に入所させたら、そのことが大きな重荷になって状態が悪化する人もいる。70過ぎれば、人の能力は年毎に減退する。自分のそれを見て、母の姿を眺めていると、そう思う。
昨年の自分と比較しても、(あぁ、行動力がなくなったなぁ)と如実に感じる。

へへ、なんとも辛気臭い愚痴になってしまった。
もう少しましな話題が欲しい気がする。探してみよう。

*

今朝の気温-5度、晴


スポンサーサイト



  1. 2012/02/16(木) 06:18:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

こんのさん確かに最近の機械はやたら絵が多いです。
分かりやすくするため絵にするのでしょうがその絵が何を意味するのか分からなければ字よりもっと分かりにくい。
先日姪が初めて買ってきた携帯も絵ばかりで私が見ても良く分からず、使い方を教えるのに戸惑いました。
ユニバーサルデザインとして世界共通のものなら慣れればよいのでしょうが、メーカーがてんでばらばらに絵を作るとメーカーを変えるとさっぱり分からないというものは困ります。
こうなると年齢以前の問題ですね。
  1. 2012/02/16(木) 06:58:02 |
  2. URL |
  3. ころ #JBFGtPPo
  4. [ 編集]

「ころ」さん 絵 いうところのアイコンですね
        ロゴなどには神経を遣うのですがねぇ
中には、(いいなぁ)というのも見られますが、多くは
「ころ」さんの言われるようなのが実態でしょう

コメントありがとうございます
  1. 2012/02/16(木) 08:59:04 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

同感です

今野さん、全く同感です。
私などは、IT世界のほんの一部を利用させて頂くだけで満足ですから、シンプルな機能で充分なのですが・・・、私も社員のサポートがないと立ち行きません。
困ったものです。
  1. 2012/02/16(木) 10:40:43 |
  2. URL |
  3. 幻椏 #FXGmxbjY
  4. [ 編集]

サポーター

時田さん
家電までなら、時間をかければなんとかなります
が、パソコンになると、もうダメです
はい、サポーターなしではギブアップ
こうなったら、助っ人と仲良しなって、なにかあったらレスキューを頼むことでしょう
うふ、そう開き直ってます(笑)

コメントありがとうございます
  1. 2012/02/16(木) 11:10:25 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/2238-36a8a9a3