FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

裕次郎フアン


15日午後1時からBSプレミアで『狂った果実』を観る。もちろん、はじめてではない。映画館でも観たが、テレビでも何度か見ている。

原作・脚本が石原慎太郎、俳優 石原裕次郎の実質的なデビュー作品である。裕次郎はこの作品で一躍スターダムに上った。
監督は中平康で、彼の代表作であるのみならず、フランスのヌーヴェル・ヴァーグへの影響も指摘されるなど、映画史の上でも重要な作品となっている。
              wikipedia「狂った果実」を参照

15日放映のそれは、山田洋次監督選「映画百選」番組で、民放とちがいCMなしでの87分間を堪能した。
封切りは、1956年。なんと56年前の映画であるのだが、少しも古臭さを感じさせない。
若き日の裕次郎、北原三枝、津川雅彦らの溌剌した姿が嬉しい。

あれ以来(それ以来)、熱烈な裕次郎フアンとなり、私の青春は裕次郎映画、裕次郎の歌声ともにあり続けた。石原慎太郎本も読んだ。書棚にはたくさんの彼の本が並んでる。
裕次郎は、52歳の若さで逝ってしまった。彼の死は、神戸での講演会の帰りに東京の宿舎で知った。
慎太郎は、芥川賞選考委員辞退で話題が広がっている。また、新党旗揚げの動きもあって賑やかだ。

音痴の自分だが、へへ 裕次郎の歌だけは好きで、散歩道でも大声で歌ったりするから可笑しい。
慎太郎が今後どのような言動をとるのか...... 関心をもって眺めているところである。

あぁ、そうだ、小樽にある「石原裕次郎記念館」へも行ったことがあるなぁ

*
午後4時の気温3度、曇 それでも青空が少し見える。ただ風が強い。


スポンサーサイト



  1. 2012/02/15(水) 15:53:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

裕ちゃん

「狂った果実」!
懐かしいですねえ。
この映画が裕次郎にとっては”実質的なデビュー作品”になったんでしたか!
1956年ねえ。高校へ入ったばかりのころだったんですねえ。今にして思えば青春真っ盛り!
私は裕次郎の映画はあんまり見ていないような気がします。お笑いなど、もっと幼稚な(?)映画を見ていたような・・
でも、♪嵐を呼ぶ男♪とか♪錆びたナイフ♪なんてのはよく歌っていたようで、歌詞も覚えていますよ~
♪夜霧よ今夜もありがとう♪はカラオケブームが起こってからよく歌いましたねえ・・もちろん下手ですが(*^_^*)
  1. 2012/02/15(水) 20:22:38 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

夜霧よ今夜もありがとう

阿蘇望亭さん そうですよねぇ 私たち世代の青春は、うふ 裕次郎の映画や歌と重なりますです
        いつの時代でも、それぞれの人によりそうアイドルや歌があるのでしょう
特に、青春時のそれはより鮮明に浮かぶような気がしますです

コメントありがtぷございます
  1. 2012/02/16(木) 06:30:24 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/2237-c6cabb51