FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

初 冬

71204-10.jpg


一昨日より雪が断続的に降っている。まだ降り積もるほどではなく、降った雪は、時間が経てば消えてしまう。
2日夜半から降り、3日午前早くに消え、4日の朝にまた白くなったが、それも日中に溶けた。今朝は2~3cmくらい積もったろうか。でもそれも間もなく溶けるだろう。


71204-20.jpg


うん、ようやく初冬の景色になったなぁ


秋から冬に向かって季節が移る。四季がはっきりしているのは(いいなぁ)と思う。
それぞれの季節に特有の風景があるのが嬉しい。暑すぎる夏、身にあまる降雪は困るけれど、暑くない夏、雪のない冬はいろいろな面で不具合が生じる。
稲は雨と十分な日照で育つ。スキー場は雪がなければ困窮する。季節がもっている気象がよくでることで私たちはホッとする。
そうでない場合、(今年はどうしたのだろう?)と天候不順を憂い、不安になる。現在では飢饉による餓死などというのはなくなったけれど、不作の影響は、まだまだ多方面に大きい。
春には花々が咲きそろい、夏は蝉時雨がうるさく感じられる。秋の紅葉は人々を芸術家にさせ、冬の雪は忍耐という試練をかす。
四季の毎日に晴れと曇りと雨(冬は雪)がある。毎日の気象が私たちの暮らしに大きくかかわってる。今年の台風9号は、このあたりの果樹農家に大きな被害をもたらした。

う~ん、前書きが長くなってしまった。書きたいことは、光がほしいということ。
『写真は、光を撮ること』を持論にしている私。偏っているのは承知しながらそう言う。
真っ暗闇でないかぎり、光はある。暗闇も光の範疇にいれている。おかしなことを言うといわれるかもしれないが、陰は光があってできる。闇も明るさ(光)と対になっているという意味である。

矛盾したことだが、写真を撮るにはやはり十分な光がなければ、いい写真が撮れない。
この時期、曇り空がつづき光が得られない。被写体に当たる十分な光がほしい!
光(十分な陽光)がほしいなぁ

うう、今日は愚痴、大きなグチになってしまった。

2日に撮ったウメモドキ


71102-20.jpg

スポンサーサイト



  1. 2007/12/05(水) 07:04:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

冬景色

今日は新潟の我が家でも、2センチほど積もりました。いよいよ冬景色ですね。
ころが見つかりホッとする間もなく2日遅れで東京に来ました。
  1. 2007/12/05(水) 12:58:27 |
  2. URL |
  3. ころ #JBFGtPPo
  4. [ 編集]

ころが戻ってきて、ね ほんとうによかったです
車に残されて寂しかったのかなぁ

雪が毎日ちらちら舞うように降ってます
  1. 2007/12/05(水) 15:48:03 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/18-dbf82390