FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

手ぶれ防止

0517-10.jpg

0517-20.jpg

0517-30.jpg

0517-40.jpg

手ぶれ防止

暇さえあれば、毎日「試し撮り」をやっている。
もともと滝が大好きだから、滝も被写体になる。
滝の撮影には、これまで三脚が必須であった。

17日も、最初から滝を撮るつもりで奥山寺の「遊仙峡」へ行った。もちろん三脚はしっかりと抱えて...
ごく普通に撮る場合は、三脚はいらないけれど、私はスローシャッターを好むから、必須のツールである。
絞りは絞れるだけ絞る。それに応じたシャッタースピードになるから、明るさによっては数秒間の露光となる。

もちろん、カメラは手持ちではない。三脚なしでは滝の写真は撮れない。それが当然のことである。
重い三脚は承知の上で担いで岩や渓流を上る。そうした難儀さが、逆に楽しさを倍加すると思ってる。
三脚とカメラを繋ぐ部品(アタッチメント)を忘れて地団駄を踏んだこともある。滝や花火を撮る際には念入りに持ち物を点検しなければならない。

「試し撮り」にも三脚とアタッチメントを持参し、カメラをしっかりと据え付け撮り始める。
ズームの広角から望遠までを使って写す。露光時間も1/8 秒から数秒までを段階的に試し撮りする。
そうやって写したのが上に並べた4枚である。いろいろなデータを得た。まだ試し撮りだから不満はたくさんある。

18日も、また山へ出かける。車にはもちろん三脚が積んである。使おうと思えばいつでも使用できる。
試し撮りだから、ムリと思えるような撮り方も敢えてやった。
新しいレンズには、手ぶれ防止機構がついてる。手持ちのまま、渓流をスローシャッターでやってみる。
(ん?)モニターで見るかぎりは、1/8 秒でもダイジョウブのようである。
幾段階もスローシャッターを手持ちで試みる。

そうやって写したのが、下に並べた3枚である。1/8 ~ 1/4 のスローシャッターである。
うう こうして見れば、イメージしているような滝が(手持ちでも撮れる!)のが、驚きに近い気持である。
三脚を立て、思い切り遅いスローシャッターで撮る醍醐味はすてがたい。だが、手持ちで、このぐらいの滝が撮れるのは(ありがたい!)ことである。

手ぶれ防止 機構は、ずーっと以前からあった。
実際に、それを働かせてみて、その有効性に驚き、嬉しくなる。これで撮影の幅がぐーっと広くなる、というか、楽しくなるのはまちがいない。
あぁ、「写真は器材じゃない」と言ってたことが、なんと滑稽なことかを思い知った。

0518-10.jpg

0518-20.jpg

0518-30.jpg

今朝の気温16度、晴



スポンサーサイト



  1. 2010/05/21(金) 06:21:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

コメント

こんのさん、本当に楽しそうですね。うふふふふ・・・
  1. 2010/05/21(金) 06:56:16 |
  2. URL |
  3. あつこ #-
  4. [ 編集]

おはようございます。

お~、プロの写真が!!(笑い)。
お出かけ前にご挨拶。
今日は株主総会でありまして・・・、夜に伺います。
  1. 2010/05/21(金) 07:34:44 |
  2. URL |
  3. nakamura #-
  4. [ 編集]

うふふ

あつこさん   クルミの実 大きくなったら、ね
          うふふ うん、毎日が楽しくって...(笑い)


nakamauraさん  株主総会 ご苦労さまです シャンシャンで終了すればいい(笑い) のですがねぇ


   ご両人さん コメントありがとうございます
  1. 2010/05/21(金) 08:07:23 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

少し前の手ぶれ防止は効果が少なかったのであまり使わなかったけれど最近のものはかなり効果があります。
私も5軸手ぶれ補正機構というのをためしたところ720mmでも手持ちで撮れておどろきです。
  1. 2010/05/21(金) 09:27:13 |
  2. URL |
  3. ころ #JBFGtPPo
  4. [ 編集]

手ぶれ補正機構

「ころ」さん 私はメカの進捗が、想像以上で驚いてます
720ミリを手持ちで...これまでは、常識外れでしたからね
三脚を立て、超望遠で撮ってる姿は、憧れ(笑い)でした

コメントありがとうございます
今、畑から戻って来たところです
  1. 2010/05/21(金) 11:11:08 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/1258-8a47efc7