FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

勁 く



台風19号は各地に大きな被害を残した。
「天童の家」辺りの被害は軽微だった。
それでもあの風雨は桁外れに強かった。

前日、バラの花を撮った。
そのバラはちぎれ飛んでしまっただろうと確かめる。
う! バラは台風に耐え、健気に咲いている。
なんという勁さだろう!

191013-91.jpg

191013-95.jpg



スポンサーサイト



  1. 2019/10/13(日) 10:32:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

健 気 に



大きな台風がきてる。過去最大級に匹敵するという。
台風通過1日半前、庭にバラがさいている。
強風雨に散らされるのではと気にかかる。

バラは、台風のことを知らいないだろう。
なんとなくいじらしい健気さを覚える。
台風がそれて通過してほしいと思うのだが......

191011-91.jpg

191011-93.jpg

191011-96.jpg

        191011-97.jpg



  1. 2019/10/12(土) 07:39:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

秋の色 2



秋といえば、色々な濃淡の色が見られる。
秋にしか見っれない色。

こんなのも秋の色だろう。

191008-95.jpg
191008-94.jpg
191008-93.jpg
191008-92.jpg
191008-91.jpg



  1. 2019/10/09(水) 06:32:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

秋 の 色



見出しを「秋の色」としたが、「秋の色」と言えばみなさんは何色をイメージするだろう?
おそらくは、紅葉の赤なのではないかなぁ

先日、クリの毬を撮りに行った帰途、道端で秋の色に出合った。
迷うことなくカメラを向ける。
(あぁ、秋なのだなぁ)としみじみ思った次第である。

     191006-86.jpg

191006-85.jpg

191006-84.jpg

        191006-83.jpg



  1. 2019/10/08(火) 12:43:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

収穫の時 3



収穫するまでに手をかけた物と、そうでない物がある。
前者は、それなりの納得というか、喜びもあって、また作ろうとの思いがわく。

後者のそれは、拾う喜び。(笑)
なんの手もかけずに、取得したというラッキーな気分になる。
クリやクルミなどである。

191006-81.jpg
191006-91.jpg
191006-92.jpg
        191006-82.jpg



  1. 2019/10/07(月) 07:03:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

収穫の時



今日の画像は、5日の朝、妻が収穫してきたものである。
写真には撮らなかったが、食卓には他所さまからもらったブドウやりんごも並んでる。

191005-10.jpg
191005-20.jpg
191005-30.jpg
191005-40.jpg

柿は、熟柿ではなく、甘柿である。
甘く、美味しくなってるのを知ってる鳥たちが、賑やかに食べに来る。

今年の柿は、ほんとうに熟すのが早い!
これではほしがきができない。(かびがはえる)


  1. 2019/10/06(日) 08:30:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

サツマイモの収穫



サツマイモを植えたのは、去年がはじめただった。
昨年は10月8日に掘った。芋は大きくなって収穫の喜びに小躍りした。
2畝植えたのだったが、1畝はほぼネズミの食害にあって、歯ぎしりした。

そんな経緯もあって、今年はネズミ食害対策として畑を変え、公道の脇、車や人の通る脇に。
その効果あってか、食害は2株ほどしかなく、まぁ納得のできる収穫を得ることができた。
天候の具合などを勘案し、今年は3日に掘った。(収穫した)

畑仕事をやるには、体力的にかなりしんどい気がしたが、妻だけではたいへんだろうと、
踏み台に腰掛けながらどうにか2畝全部を掘り起こす。
自家用には多すぎるので、娘や友人におすそ分けした。

191003-84.jpg

     191003-61.jpg



  1. 2019/10/05(土) 07:24:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

戸惑いの気候



植物は、芽生えた所で生きる。そこから動くことはない。(できない!)
寒冷厳しい冬期にも、真夏のやけつくような酷暑にも耐え、春にはそれぞれに花を咲かせ、秋にはたわわに実らせる。
動物には、まして人間にはとうてい真似できないバイタリティを持っていることを、普段は感じもしない。

多少の遅速はあっても、春には萌芽し、花を咲かせ、秋には稔りをもたらすことを律儀に繰り返してる。
それが植物たちの当然の姿だと思っている。イヤ、そう思うことすらないままに見過ごしている。

だが、冷静に考えれば、その姿は「当然」(当たり前)などではないことに気づく。
植物は、自然の変化にそれなりに対応をしながら、生きてるのである。

庭にある柿の木を見ながら、そのようなことを考えた。
なにを今さら埒もないことをと笑われるだろうが、今年の柿の実の色づきが異常に早い。
通常なら、10下旬ころに色づき、収穫期にはいるのだが、今年は、例年より1ヶ月も早く収穫時の色に。

我が家の柿の木だけでなく、他所さまのも同様なのだから、この近辺に限定して言えば、異常に早い色づきだ。
今年の気候は、はじめ日照不足だった。それが一転猛暑続きとなったかと思うと、今度は残暑がないままに
9月になった。
かと思うと、9月下旬から10月はじめに真夏のような、過去になかった記録的な高温になった。
このような例年にない異常的な気候変動は、植物にとっては戸惑いの連続だったに相違ないと思う。

その結果が、1ヶ月も早い色づき、実だけでなく、葉も紅葉し、紅葉した葉は、間もなく落葉しはじめた。

191003-71.jpg

191003-72.jpg

191003-92.jpg



  1. 2019/10/04(金) 07:33:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

イヌサフラン



植えたはずはないのに......
毎年、この時期になると屋敷のそちこちに開花する。

191003-95.jpg

191003-94.jpg

191003-93.jpg



  1. 2019/10/03(木) 08:47:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

曼珠沙華



10月になったのに...... まだ夏のような空、気温
10月の曼珠沙華が暑苦しい

191001-51.jpg

191001-53.jpg


  1. 2019/10/02(水) 15:26:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

10月のバラ



「バラがきれいよ。撮ったら」
散歩もしないでふらふらしてるのに、気分転換をすすめる。

屋敷内に咲いてるのは彼岸花である。
先日、バッサリと剪定したバラがまだ開花している。

191001-91.jpg

191001-92.jpg



  1. 2019/10/01(火) 13:14:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4