FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

散歩道で


今日で11月が終わる。明日から12月。(笑)当たり前のことをわざわざ書く可笑しさ。バカ丸出しだなぁ
11月と12月ではイメージが大きく違う。11月は、まだ秋。12月はまちがいなく冬である。

今日は、11月らしい画像を並べよう。

181127-02.jpg

181127-01.jpg

181125-82.jpg

181127-03.jpg

181127-04.jpg

181126-k.jpg



スポンサーサイト



  1. 2018/11/30(金) 05:10:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

シラサギ9態  2


昨日の続きである。

181126-04.jpg

181126-02.jpg

181126-03.jpg

181126-01.jpg

181126-05.jpg

181126-06.jpg

181126-07.jpg

181126-09.jpg

181126-08.jpg



  1. 2018/11/29(木) 05:10:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

シラサギ9態


貫津沼は、たまたま「沼干し作業中」だった。
それを知っているかのようにシラサギやアオサギが沼の魚を狙って飛来してた。
鳥たちは、どうして餌情報をゲットしてるのだろう...... と、不思議に思ったりした。

散歩道沿いの立谷川にやってくるサギたちは、警戒心が強く、カメラを向けるとすぐに逃げ去ってく。
ところが、沼に来てるサギたちは、カメラを向けても直ぐには逃げて行かない。
カモやカワウなどもたくさんいて、「赤信号みんなで渡ればこわくない」心理で、警戒心もうすくなるのだろうか?

ということで、シラサギ・ウォッチングを満喫したのだった。
たくさん撮ったので分けて並べよう。

     181126-10.jpg

181126-20.jpg

     181126-30.jpg

181126-40.jpg

181126-50.jpg

181126-60.jpg

181126-70.jpg

181126-80.jpg

181126-90.jpg



  1. 2018/11/28(水) 05:10:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

白菜漬け



青菜漬け(セイサイ漬け)は、桶に仕込んでから美味く食べられるまでには約1ヶ月くらいかかる。
白菜漬けは、仕込んで1週間もすれば旨くなるから、少量ずつ漬けて美味しく食べられるから嬉しい。
25日、今年第1回めを漬け込んだ。越冬食材というより、晩秋の季節漬物として楽しめる。

白菜は、母の実家から譲ってもらう。毎年30個お願いしている。
1回5個ずつ漬け、6回の勘定だが、鍋にも使うので、漬物は4桶くらいかなぁ
毎回、同じように仕込んでいるつもりであるが、出来上がりの味は毎回違うから面白い。

面白い、というか、毎回美味しく出来上がるとは限らないのである。(苦笑)
塩っぱ過ぎたり、甘過ぎたり...... 薄味なら、食べる際に好みの調味料で加減すればいいのだが、逆の時は、困る。
そうだからといって、塩を控えれば、気温次第では酸敗するから、これも困る。
毎回(どうかなぁ)と期待半分、ひやひや気分も半分で出来上がりの塩梅をみる。

商売でやっているわけでないから、たとえ失敗の結果でも、(困ったなぁ)で片付けられる。
美味く出来上がった時の達成感、満足感が堪えられない。誰にでも食べさせて上げたい欲望に駆られる。
漬物って、上手く漬かれば、ほんとうに美味しい食べ物だよねぇ

白菜漬けは、青菜漬けとも違って、スーパー等どこでも並んでいる。それはそれで嬉しい(便利)なのだが、平均的な味で、いわゆる「おふくろの味」は望めない。
その点、我が家の漬物には、「天童の家」の風味があるような気がする。塩味を控えめに、甘みを濃くを意識して漬けている。

へへ 冗談半分に書いてきたが、実は、今、うつ状態なのである。
26日は、親友Kさんの息子さんの葬式だったが、式には妻から行ってもらった。
人に合うのが苦痛。なにかをごちゃごちゃやっていないと気が滅入る。

20年ほど前、定年退職を目前にしてうつ状態になったことがある。
あれ以来のことだ。関係があるかどうか分からないけれど、白内障手術以後がよくない。

ふ~む、もう止そう。
そのうち、きっと回復するだろう。そう思う。

181125-10.jpg

181125-20.jpg

181125-30.jpg

181125-40.jpg



  1. 2018/11/27(火) 05:10:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

晩秋の散歩道 2



初雪前の散歩道は、アップした。
24日、初雪はもちろん消えてる。
それでも、22日の景色とは微妙に違って見えるのは、なぜだろう?

24日、散歩道をまた撮ったので並べる。

181124-10.jpg

181124-20.jpg

181124-30.jpg

181124-40.jpg

181124-50.jpg



  1. 2018/11/26(月) 05:10:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ウメモドキ

ウメモドキを撮る

庭木の葉は、常緑樹を除けばもうほとんど落ちてしまって、なんとなくものたりない気分。
サンシュユの葉だけが、何故かまだ枯れ葉色になりながら落葉しないのがかえって場違いな感じ。
サンシュユの赤い実が、きれいなのだが、見えないのが意にそわないというか、気になる。

まだ比較的元気に咲いてた菊の花も、「雪になったら、片付けが面倒だから」と、妻がきれいに刈り取っ
てしまった。
庭に咲いてる花は、河原から拾ってきて植えたバラだけになった。花のない庭は寂し気に見える。
そうした中で救いなのは、ウメモドキの赤い実が、たわわに、弾けるように、たくさんなってる。

いつも足繁くやってくるヒヨドリも、今年は餌が豊富なのか、偶にしか姿をみせない。
気象情報では、今晩(22日)から明日の朝にかけ初雪になるという。
散歩を休んで、大根を収穫し、洗って保存する。

大根を撮ってもあまり面白くないので、庭に被写体を探す。
ふ~む、これというのはないけれど....... ウメモドキの赤い実を撮ったので並べよう。

181122-10.jpg

181122-20.jpg

181122-30.jpg

181122-40.jpg

181122-50.jpg

181122-91.jpg

181122-92.jpg

181122-93.jpg



  1. 2018/11/25(日) 05:06:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

季節の境目


23日に初雪が降った。
秋の雪だから、すぐに融けてしまう。
大地はまだ冷たくないし、気温だってマイナスではないからだ。

それでも標高がちょっと高くなれば、降った雪はなかなか消えない。
高山はもちろん、里山も里よりは一足先に冬になる。
秋と冬との境目が、里山に見られる。

季節の境目、普段は見えないけれど、秋と冬の境目だけは、降雪の際はかなりはっきりと見える。
その境目の風景を撮ってみた。(笑)

181123-s1.jpg

181123-s2.jpg

181123-s3.jpg

181123-s4.jpg

181123-s5.jpg

181123-s6.jpg

181123-s7.jpg



  1. 2018/11/24(土) 05:15:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

散歩道の実たち


お断り
このブログは、21日に書いたものである。

散歩道はすっかり晩秋の色である。もういつ雪が降ってもおかしくない。
幾度か雪が降って、積雪が嵩めば、もう歩けなくなる。その時までじっくり情景を楽しみながら歩く。
路傍には、いろいろな実たちがなってて、しばしカメラを向ける。

スイカズラ、ニシキギ、ツルウメモドキ、名前の知らない実もある。

181121-10.jpg

181121-20.jpg

181121-30.jpg

181121-40.jpg181121-50.jpg

181121-60.jpg

181121-70.jpg

          181121-u1.jpg

181121-u2.jpg181121-u3.jpg

181121-u4.jpg

181121-u5.jpg



  1. 2018/11/24(土) 05:10:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

初雪は......



雪国に住む者にとって、初雪は格別の感慨がわく。
初雪は、晩秋に降るけれど、間もなく冬到来を告げる先触れ。
(あぁ 今年もまた冬がやってくる......)と

181123-01.jpg

181123-02.jpg

181123-03.jpg

181123-04.jpg

181123-05.jpg



  1. 2018/11/23(金) 11:57:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

サザンカに雪


起床し、カーテンを開けて見る。
予報通りに雪!
洗濯をすまし、サザンカの咲く場所へ急ぐ

181123-10.jpg

181123-20.jpg

181123-30.jpg

181123-40.jpg

181123-50.jpg

181123-60.jpg



  1. 2018/11/23(金) 09:21:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

晩秋の散歩道


久しく、散歩道のようすを書かないできた。
やはり、立谷川沿いのサイクリングロードはお気に入りNo1なので、雪降る前のようすを並べよう。

幾度も繰り返し書いてることをまた書く。写真は趣味だが、わざわざビューポイントに行って撮ることは稀である。
ブログに毎日並べるのは、なんの変哲もないありふれた、見慣れた風景である。
歩くこと、散歩が主目的で、写真は、散歩中に出合ったその時々の情景に、こころが反応した時にカメラを向ける。

写真を撮るために、遠出をする気力がなくなってきたせいもあるが、こころのどこかに(卑近な所の美)を撮るみたいな気持ちをずーっと持ち続けてきた気がする。
日常の中にある美しさ、たとえ小さな美でもいい。それを表現したいと思ってきた気がする。

散歩道脇には、川が瀬音たてながら流れ、川向うの山裾を仙山線の電車が走る。
四季それぞれに季節感が色濃く、空の色、風にも、光にも、季節の色があるのを感じる。
絵にはなかなかなりにくいのだけれど、敢えて、絵をつくろうとせずにカメラを向けることもある。

厳しいみちのくの冬を前に、散歩道の晩秋風景を並べる。

181121-k1.jpg

181121-k2.jpg

181121-k3.jpg

181121-k4.jpg

181121-k5.jpg

181121-k6.jpg

  ↓  同じ散歩道で (再掲)

181119-92.jpg
 


  1. 2018/11/23(金) 05:10:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

サザンカ咲く



今年の初雪は、例年より遅いような気がする。気温は、あきらかに温かい。
初雪が降ったら撮ろうと思っているのが、サザンカと雪のコラボレーション。
でも、雪が降らないから撮れない。(苦笑)

降雪がないけれど、サザンカの花はきれいに咲いてる。
っふふ もう初雪が待てなくてカメラを向けてしまった。

堪え性がなくなっているのである。老いると我慢できなくなる。
(雪が降ったら、また撮ればいい)などと思うから可笑しい。


181120-10.jpg

181120-20.jpg

181120-30.jpg

181120-40.jpg
181120-50.jpg

181120-60.jpg
181120-70.jpg

181120-80.jpg

181120-90.jpg



  1. 2018/11/22(木) 05:20:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

大きな柿の木



18日は、晴れで、Hさんも予定がはいっていないという。前日に話し合っていた通り柿の木の大剪定をやる。
庭木の剪定は、見よう見真似でずーっと自分がやってきたが、裏の柿の木は、大木で、ノコギリで剪らなければならず、とても私の手に負えない。
終活の一つとしてやった梅ノ木の伐採。これもHさんにお願いした。Hさんは頼り甲斐のある大工さん。

柿の木が、どれほど大きいかは、下の写真赤い人物(Hさん)と比べれば分かる。幹周り1.9mもあるし、樹高は10mを超す巨木。
これに実がどっさりとなる。仙台の友(2軒)にダンボールで幾箱もあげ、もちろん「天童の家」では干し柿と渋抜き柿をたくさん。
それでもなお収穫できずに、鳥たちの餌になる熟柿がいっぱいなのである。

この柿の木も、いずれ伐り倒さなければならないのだが、今年はそこまではやらずに、剪定とした。
このような、まったくの私事情をブログにするのは如何かと思うのだが、そういう「こと」もあるのである。
建物などと違って、木は年ごとに繁茂し、大きくなってく。生きている庭木の管理も蔑ろには出来ない。
動物などの飼育もたいへんだけれど、動かない庭木だって同じなのだ。

ということで、今日のブログは、面白くもない単なる現実を......
剪定を済ました柿の巨木、少しはスッキリしたのがみてとれる。

181118-s1.jpg

181118-s2.jpg


うう  納得できない画像だが......
せっかく撮ったザクロだから、並べることにする(汗)

181120-z1.jpg

181120-z2.jpg



  1. 2018/11/22(木) 05:10:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ノブドウの彩り



我が家の屋敷にザクロの木があって、毎年撮っているのだが、今年は何故か実をつけなかった。
「口開けてはらわた見せる柘榴かな」あのザクロの実は、大好きな被写体である。
見られないと思うとよけい見たくなる。天の邪鬼な自分に苦笑する。

挙句の果てに、散歩道で見られる他人さまの庭のザクロを撮らせてもらおうと出かけた。
他人の屋敷に黙ってはいるわけにはいかないので、家人に断りをと伺っていたが、姿がない。
仕方がないので、散歩道から望遠で撮らせてもらう。しかし、やはり思うようには写らない。

ザクロを諦め、散歩道を彷徨。足元からシラサギが飛び立つ。飛翔する姿が木の間から眺められる。
(あぁ、やっぱりシラサギの飛翔姿はいいなぁ)とうっとり。林が邪魔でカメラが向けられない。
シラサギを諦め、またぶらりと歩を進める。そして、ノブドウがキラキラ光ってるのに出合う。

食べられないノブドウだが、その彩りがわるくない。とカメラを向ける。

     181119-10.jpg

181119-20.jpg

181119-30.jpg

181119-50.jpg

181119-40.jpg


          同じ日に、同じ場所で撮った ↓

181119-92.jpg



  1. 2018/11/21(水) 05:10:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

霜 化 粧



「霜化粧」のタイトルだが...... はたして霜化粧などという言葉があるのか!?  わからない。
だが、なぜかそんな言葉が浮かんできたので...... 使ってみたかった (汗)

16日の朝、晴れ上がって月山がきれいだった。月山を撮りに行った畑の隅に、霜で装った草たちが目についた。
まるで霜で化粧したようにきれいに思われ、カメラを向ける。
似たような画像が並び、もう少し厳選しなければと思ったが、捨てる画像を選べなかった。

(拙いこと、減らそう)と何度も試みたが、できなかった。
月なみ以下の画像で(恥ずかしい!)気持ちが強いが、敢えて並べることにした。

     181118-10.jpg

181118-20.jpg

181118-30.jpg

181118-40.jpg

181118-50.jpg

181118-60.jpg

181118-70.jpg

181118-80.jpg

181118-90.jpg



  1. 2018/11/20(火) 05:10:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

空の回廊



16日は、秋の晴天。高気圧が青空を広げてる。
見上げる空には、いくつもの飛行機雲が......
東南から北西へ、南西から北東へとジェット機が翼をキラキラさせながら飛んでる。

飛んだ航跡に白い雲が残って、ゆっくりと広がる。
陽光を受け、飛行雲にかすかな色がつく......
空の回廊があって、空が広いからといって、どこでもいいと飛んでるわけじゃない。

回廊には、一定のルートがあり、さらに高度もきまっているのだろう。
先に飛んだ飛行機の飛行雲のさらに上空を飛ぶ飛行機......
機影を下の飛行雲に映しながら飛んでくのを見て、なんだか自分が飛んでるような気分になる。

間もなく80歳になろうとしている男が、呆然と空を見上げてる。
他人さまが見たら、きっと(老いさらばえた男が......)
そんなふうに見るかも知れない、などと思いながら、それでも(かまうものか)と見続けている。

181116-10.jpg

181116-20.jpg

18日も秋晴れだった。
屋敷裏にある柿の木が大木になって(こわい!)くらいなので、大剪定をした。
もう私の手に負えないので親しくしてもらっているプロにお願いした。
そのようすは別に書く。

今日の月山がきれいだったので寸暇をぬって撮った。


181118-g1.jpg

181118-g2.jpg



  1. 2018/11/19(月) 05:12:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

冬への準備



秋たけなわの先日、青菜(山形せいさい)漬けを仕込んだ。
迎える冬の食材に、青菜漬は欠かせない。
家で食べるのはもちろんだが、青菜漬けを待っておられる方々にあげる分も少なくない。
大きな桶に6つも漬け込んだ。

ただし、漬物は生き物(発酵)である。天候次第で味は微妙に変わる。
もちろん塩加減も、出来上がりに大きく左右するが、それよりも天候の要因が大きい。
寒すぎず、暖かすぎない気温で、約1ヶ月かけてできあがるのを待つ。
正月前には、旨い青菜漬けができるだろう。

「天童の家」漬物工場(笑)は、青空天井である。
漬物作業のようすを撮ればよかったのだが...... ない。
仕込み終わってからパチリしたので、不本意だが並べる。

それだけでは格好がつかないので、他日に撮ったのも並べることにする。


181115-50.jpg

181116-01.jpg

181116-02.jpg

181114-10.jpg

181114-20.jpg

181115-30.jpg

181115-40.jpg



  1. 2018/11/18(日) 05:10:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

ぶどうの葉 2


散歩の足が、また「ぶどうの葉」の畑に向かう。
先日「ぶどうの葉」を撮ったのは曇り空だった。
晩秋の陽光が眩しい今日。この光の下で見る「ぶどうの葉」はどう見えるのだろう?
きっと美しいにちがいない。

365日の内、2日か3日しか見られない色が今なのだ。ふだんはなんの変哲もないぶどう畑だが......
今のぶどう畑は、とびきりの、別格の情景を見せてくれる。それを見逃すてはない。
ということで、また「ぶどうの葉」を並べる。

181113-10.jpg

181113-20.jpg

181113-30.jpg

181113-40.jpg

181113-50.jpg

181113-60.jpg

181113-70.jpg



  1. 2018/11/17(土) 05:10:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

オータムポエム


タイトルは、なんとも奥ゆかしい(笑)が、アスパラ菜を種物会社がそう名付けてる。それを拝借した。
以下はその会社のサイトからの転載である。

  アスパラ菜またはオータムポエムとは
   アブラナ科アブラナ属 
 アスパラ菜は中国野菜の花芽を食べる野菜で、暑さに強い「菜心(ツアイシン)」または「サイシン」と、
寒さに強い「紅菜苔(コウサイタイ)」をこう配させ育成された新しい品種で、
菜心や紅菜苔と同じく、とう立ちした茎葉と花芽を食べる野菜です。
オータムポエムという名称は「サカタのタネ」が販売している名称で、品種名はアスパラ菜となります。
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/asuparana.htm より
-------------------------------------------------------------------------------------------------

「天童の家」では、毎年このアスパラ菜を作る。ホウレンソウ、シュンギク、カブ、タイコン等と一緒に、
アスパラ菜は花を咲かせてる。
もちろん、お浸しで食卓に並ぶ。癖がなく、美味しい。茎と葉っぱと花(蕾)を食す。
花の少ない季節、モッテノホカ(食用菊)と並んで、食卓を賑やかにしてくれるから嬉しい。

オータムポエム その名前もわるくない。(笑)
花だけでなく、オータムポエムにふさわしい風景も並べよう。
ふむむむ ふ~む オータムポエムには及ばないかねぇ(苦笑)

181112-04.jpg181112-05.jpg

181112-06.jpg181112-07.jpg

181112-01.jpg

181112-02.jpg

181112-03.jpg

181113-92.jpg



  1. 2018/11/16(金) 05:03:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

ぶどうの葉


「天童の家」あたりは果樹園が多い。初夏のさくらんぼにはじまり、晩秋のりんごで締めくくる。
畑になっているのは、蜜入りりんご「フジ」。中旬過ぎれば畑にはなにもなくなり寂しくなる。
落葉せずに繁茂してた葡萄の葉が、真っ赤になって、間もなく雪が降るのを告げてる。

ぶどうの紅葉は、なかなか趣があってカメラを向けたくなる。

181112-10.jpg

181112-20.jpg

181112-30.jpg

181112-40.jpg

181112-50.jpg

181112-60.jpg

181112-70.jpg

181112-80.jpg

181112-90.jpg

181112-100.jpg



  1. 2018/11/15(木) 05:10:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

シラサギ飛翔



先日、近くにある貯水池(貫津沼)へ行った。(通りかかった)
沼には、カモやカワウ、そしてアオサギとシラサギもいた。
駐車スペースに車を置き、しばらく鳥たちを眺める。

やはりシラサギが断然目立って、かつ優雅である。
嬉しくなってカメラを向ける。
イメージしてるようなのは撮れなかったが、並べよう。

181110-20.jpg

181110-30.jpg

181110-40.jpg

        181110-60.jpg

181110-50.jpg


181110-70.jpg

181110-10.jpg


  1. 2018/11/14(水) 05:10:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

鍋 合 戦


第24回 天童冬の陣「平成鍋合戦」が、11日に運動公園を会場に行われた。
鍋合戦に参戦したのは45鍋軍団。それぞれが「おらだの自慢の鍋。食べてけろ!!」なのだ。

45軍団の中から一次審査(来場者投票)で票を集め、上位5軍団の鍋が二次審査へ。
二次審査はステージ上で審査員による実食採点で「鍋将軍」を決定する。

天童市の春のイベントは、「人間将棋」、秋のそれは先日催行の「ラ・フランスマラソン」とこの「鍋合戦」。
今年は、天童市市制施行60周年記念でもあり「二千局盤来2018」に挑戦、2018.10.14 ギネス世界記録(2362対局)を達成!

そういうことで、今日は「鍋合戦」を撮ったので並べる。

181111-10.jpg

181111-20.jpg

181111-30.jpg181111-40.jpg

181111-50.jpg

181111-60.jpg

181111-70.jpg

181111-80.jpg


  1. 2018/11/13(火) 05:10:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

散  華


今日のタイトル「散華」がおかしいのは承知してるのだが、どうしても「散華」にしたかった。
散ってるのは、花(華)ではなく、モミジの葉っぱである。
それでも、どうしても華に思えてならない。というか、やはり散華なのだ。

へへ、毎年「散華」でやってきた。いまさら改める気はない。頑固者なのは昔からである。
画像を見てほしい。散ってるのは華でしょ! 花が散っているのである。
へへ いけないことを書いているのかなぁ

        181110-01.jpg

181110-02.jpg

181110-03.jpg

181110-04.jpg


同じ日の朝にパチリの画像

181110-y.jpg


  1. 2018/11/12(月) 05:10:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

晩秋のさくら


十月桜は、毎年エントリーしている。
今年も、10月半ば頃に、いつも撮らせてもらっている同じ町内のそこへ行った。
だが、咲いていなかった。

それではと、今度は運動公園のさくらコーナへ出かけた。数本の十月桜があるからだ。
でも、そこも咲いていない。
今年は、なにかの理由で咲かないのかなぁ...... と思い、諦めた。

7日、眼科受診への途中、隣の町内に咲いてる十月桜を見つけた。
嬉しくなって、カメラを手に、いそいそと出かけて撮った。


181107-10.jpg

181107-20.jpg

181107-z.jpg

181107-30.jpg

181107-40.jpg

181107-50.jpg

181107-60.jpg

181107-70.jpg

181107-80.jpg


  1. 2018/11/11(日) 05:16:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

庭 その2


昨日の「庭」に、多くのコメントを頂戴した。並べた画像は、月なみ以下のものだったので、正直恥ずかしかった。
コメントは、51回めの結婚記念日に対するもので、みなさんにこころから感謝している。

ただ気がかりだったのは、「むく さん」から次のようなコメントである。

  荒れ放題には見えない立派なお庭の紅葉、今秋はことさら眩いことでしょう。
  丹精にお励みくださいませ(笑。
                       2018/11/09(金)   む く

「立派なお庭の紅葉」とは決して言えない画像だからである。
社交辞令、お世辞として納得すればいいのだが、それができない性格である。

(画像を、もう一度撮りなおそう)との思いが強くなる。
撮りなおしたからといって、良くなるとは限らない。また恥の上塗りになるかも知れない。

でも「立派なお庭」ではないけれど、それなりにだいじにしてきた庭である。
「このような庭なのです!」と言える画像を並べたいと、撮りなおしてみた。
庭木の剪定も自分でやったが、今年は体調がよくなく、「虎刈り」になってしまった。
恥ずかしいが、しかし一生懸命にやったのだから...... 来年は、もっとちゃんとやりたいと思う。(汗)

181109-10.jpg

181109-20.jpg

181109-30.jpg

181109-40.jpg

181109-50.jpg

181109-60.jpg

181109-70.jpg

181109-80.jpg



  1. 2018/11/10(土) 05:10:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8



昨日の庭、少し強い風が吹くと木の葉がはらはらと散る。
紅葉は、もう飽きるほど見たが、それでも庭のそれが散るのを見ると、
惜別というか、寂寥感がわいてカメラを向けた。

白内障の手術を受けたのが9月5日(右目)と12日(左目)だったが、
そのため、庭の除草もやらずのまま。今そのツケがまわってやっている。

これまで、1日5回の点眼が7日から3回に減った。ずいぶん楽になった。
パソコン用の眼鏡は、すでに作ってもらったが、運転用のを追加し、9日にできる。
人工水晶体だから、近距離と遠距離では違う眼鏡が必要なのである。
なんとも厄介なことだが、乱視なのでしかたない。

今日は、私ども夫婦には特別の日である。 っふふ 51回目の結婚記念日。
よくぞまぁ 飽きもせず、ここまできたことか(笑)

181108-01.jpg

181108-02.jpg

181108-03.jpg

181108-04.jpg

181108-05.jpg

181108-06.jpg



  1. 2018/11/09(金) 05:10:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

紅葉未練 2



っふふ 未練男の「紅葉未練」その2である。

181105-10.jpg

181105-30.jpg

181105-40.jpg

181105-20.jpg

181105-50.jpg

181105-60.jpg

181105-70.jpg

181105-80.jpg



  1. 2018/11/08(木) 05:10:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

紅葉未練


二口林道は、6日に冬季閉鎖となる。
もちろん、まだ積雪があるわけではない。でも、いつ降雪があってもおかしくない時期となった。

5日、庭木の剪定がまだ残っていたが、二口林道の閉鎖前に”奥山寺の紅葉”を見たくて出かける。
峠付近の紅葉は、もちろんずーっと前に終わってる。里の紅葉が見頃なのだから当然である。
林道の里近い辺りの紅葉に、この時期独特の美しい紅葉が好きで毎年足をはこんでる。

言葉では表現しにくいので、たくさん撮ってきたのを分けて並べよう。

181105-01.jpg

181105-02.jpg

181105-03.jpg

181105-04.jpg

181105-05.jpg

181105-06.jpg

181105-07.jpg

181105-08.jpg

181105-09.jpg


  1. 2018/11/07(水) 05:06:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

ラ・フランスマラソン 3

月山を眺めながら

ラ・フランスマラソンは、いろいろなコースが選べる。
小学生コースもあれば、ファミリー・コースも
ラ・フランスたべほうだいである。

181104-m1.jpg

181104-m2.jpg

181104-m3.jpg

181104-m4.jpg

181104-m9.jpg181104-m10.jpg

181104-m5.jpg

181104-m6.jpg

181104-m7.jpg

181104-m8.jpg



  1. 2018/11/06(火) 05:45:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ラ・フランスマラソン 2



天童市の特産品といえば、将棋駒があげられる。果物ではラ・フランス。
そのラフランスを冠したマラソンに、全国から6800人がエントリーした。
天童市のビッグイベントであるラ・フランスマラソン。運動公園をスタートしたランナーたちは、「天度の家」前の山寺街道やスーパー農道をひた走る。

「なぜ走るのか?」「そこに走る道があるから!」なのだろうか......
力走するランナーにカメラを向けながら、大きなエネルギーをもらった。
たくさん撮ったので分けて並べよう。


181104-01.jpg
181104-02.jpg
181104-03.jpg
181104-04.jpg
181104-05.jpg
181104-06.jpg
181104-07.jpg
181104-08.jpg
181104-09.jpg
  1. 2018/11/06(火) 05:14:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0