FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

廃業店舗が並ぶ




   人通りなく病院もなき浪江町の廃業の店舗のならぶ街並み      東京都・松崎哲夫

   フクシマの線量高き山道を行けば躑躅の鮮やかに咲く        福島市・櫻井隆繁

上は、朝日歌壇(6月24日付)より

7月1日付けの俳壇・歌壇には、3.11関連作品は皆無だった。


   八年目もの言はぬ山滴れり        東京都・佐藤幹夫

   会えばまだ地震の話火の話長田の人の二十三年           神戸市・高寺美穂子

上は、朝日俳壇・歌壇(7月8日づけ)より
なお、この週より故金子選者に代わって 高山れおな が新選者にとして登場。


   原発の破壊で家を追われしに今の気持ちを訊ねるテレビ       福岡市・渡邉健治

   原発に異常はないとテロップが繰り返し出る地震速報        川崎市・小島 敦

   二年後のオリンピックへと除染物搬送ダンプの渋滞つづく     いわき市・守岡和之

上は、朝日歌壇(7月15日付)より

7月22日付けの俳壇・歌壇には、3.11関連作品は皆無だった。
7月29日付けの俳壇・歌壇にも、3.11関連作品は皆無だった。

180727-01.jpg

180727-02.jpg


続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2018/07/31(火) 05:10:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

久しぶりの雨



28日に、何日ぶりかで雨がぱらついた。本格的な雨ではない。雨乞い云々と言ってた矢先である。
でも、その雨もあっという間に止んでしまった。本格的な降りになったのは夜になってからだった。
台風12号にともなう降雨で、「天童の家」あたりではまさしく恵みの雨。

奥羽山脈から太平洋側は、本格的な降雨になっているのが見てとれる。
こちら側(山脈の西側)は、雲というか霧のような空気が漂ってるけれど雨にならない。
イヤ 霧雨になっているのだ。だから太陽に照らされ虹が架かる。

28日の夕方に虹を見る。
29日の朝方にもまた虹を見た。
もちろんカメラを向ける。だが、なかなかうまく撮れない。へへ 証拠写真の域を脱していない。(泣)

久しぶりの降雨があったのだから、それだけでも良しとしなければならない。
これで小豆も蒔ける。畑のサトイモ・ヤーコン・キクイモ・ネギ・カボチャ・エダマメ・サツマイモ・ニンジン・ダイコン・ナス・キュウリ・トマト・ピーマンたちにも慈雨になった。
雨無しで玉がのさないりんご、ラ・フランスなどもこれで一気に大きくなろだろう。
農業にとって、雨はだいじな、土や肥料と同じ、イヤ それ以上にたいせつなものである。

太陽と霧雨がつくった虹。
儚い虹だけど、儚いだけに愛おしい。
申し訳ない画像だが、並べることにする。

180728-20.jpg

180728-10.jpg

180729-40.jpg

180728-50.jpg

180728-70.jpg

180728-30.jpg

180728-60.jpg



  1. 2018/07/30(月) 05:10:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

オニユリ 2



庭に咲くオニユリは、すでにアップした。
でも、書斎から眺める裏の池の辺りのオニユリもなかなかいい。
またカメラを向ける。っふふ いい被写体だと......

180727-20.jpg

180727-40.jpg

180727-30.jpg

180727-50.jpg

180727-60.jpg



  1. 2018/07/29(日) 05:05:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

酷暑嘆き節



こんな暑さが、いったい いつまで続くの??!
そんな思いが毎日でイヤになってしまう。堪える力がなくなっているのが自分でもよくわかる。
毎日やらねばならない仕事があるから、散歩を休んでいるが、仕事が一段落しても、へへ 散歩する気持ちがわかない。

例年なら梅雨が開け、本格的な夏の暑さがはじまる頃なのに、今年はもう十分に夏の暑さをもってしまった。
この暑さが、あとどのくらい続くのか?! 8月からの気象予報では、これからも暑めで推移するという。
地球温暖化は、すでに確かなものとしてあるという。やれやれである。

散歩道脇を流れる立谷川も上流では清流が見られるが、下流ではもうすっかり涸れあがって、雑魚たちは酸欠で死に、水無しで干乾びてしまった。
うう 散歩どころでない。熱中症がこわい。歩くのは命がけ?!
ほんとにもう、いったい いつまでこんな天気が続くのだろう。

26日、またも夕焼けが...... (あぁ 明日も酷暑になる)
嘆き節がでる。

180726-10.jpg

180726-30.jpg

180726-20.jpg

180726-40.jpg

180726-50.jpg



  1. 2018/07/28(土) 05:10:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

トウモロコシ被害



26日、いつものように午前5時には畑。
連日の猛暑だから、少しでも涼しい時にやることを済ましたいから、朝の早いのは気にならない。
まずカボチャの収穫。この暑さでカボチャの実つきもよくはないのだが、それでも11個を収穫。

畑を見渡すと、里芋がなんとなく元気がない。ずーっと降雨がないので、水が欲しいのがわかる。
大きな容器に水を汲んで運び、たっぷりと潅水。これで少しは暑さに耐えるだろうとホッとする。

さて次はトウモロコシの収穫だと、畑を移動。
トウモロコシ畑に行きビックリ。むむ 今年もまた食害にあってる。
3畝のうち1畝の1/3ほど(数株)が無残に食い荒らされてる。いったい何ものの仕業か??!

「このままだと、また食べられる。まだ実入りが十分でないのもあるが、もう全部とってしまおう」
ということで、3畝全部を収穫する。我が家だけでは食べきれないので、方々へおすそ分け。

今年のトウモロコシは、どこの畑のも草丈が伸びなかった。例年の7割までもいかずに花が咲いた。
これではまともなトウモロコシになるかなぁと案じたが、実入りは例年と同じように入ったし、味も良い。

さて、これから小豆の播種があるのだが...... こんなからから天気では蒔けない。
28日・29日には傘マークだが、はたして芽出しの雨になるのやらこころもとない。

トウモロコシ畑には、いま枝豆がすくすく伸びてる。しかし、こんな暑さと日照りが続けば、旨い枝豆が期待できるのだろうか?
農業は、天候の結果に大きく左右されるから、できるだけ穏やかな気候であって欲しいものだ。

うう、いったい何を書こうとしたのか? 書いてる本人が分からなくなってきてる。
これは、へへ 暑さだけのせいじゃないなぁ

180726-01.jpg

180726-02.jpg

180726-03.jpg

180726-04.jpg

180726-05.jpg



  1. 2018/07/27(金) 06:38:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

夕焼けて



繰り返しになるが、毎日猛暑が続いてる。
「暑いなぁ」と言いながらも、しなければならない仕事はしないわけにはいかない。
朝食前と、お昼まで、どうにかやっている。

今日は、カボチャとトウモロコシの収穫。
そして、里芋とヤーコンへ潅水。もう何日も降雨がない。
野菜たちも、この酷暑にげんなり。潅水をたっぷりする。

今日の画像は、昨夜の夕焼け。
「明日も暑くなる」妻の呟きが聞こえる。


180725-10.jpg

180725-20.jpg

180725-30.jpg

180725-40.jpg

180725-50.jpg

180725-60.jpg

180725-70.jpg

180725-80.jpg

180725-90.jpg



  1. 2018/07/26(木) 10:30:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

オニユリ



毎日猛暑が続いてる。
今朝も5時前から、屋敷内の草取り。
オニユリが咲いたのを知り、早速カメラを向ける。

例年より数日早い開花である。
まだはしりの花で、これから次々に咲くだろう。

180724-10.jpg

180724-20.jpg

180724-30.jpg



  1. 2018/07/25(水) 05:10:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

蓮花の周辺で



今日もまた似たような画像を並べる。

180721-d3.jpg

180722-d1.jpg

180721-d2.jpg

180722-d4.jpg

180721-d5.jpg

180723-92.jpg

180723-94.jpg



  1. 2018/07/24(火) 05:03:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

蓮の花 3



昨日の「蓮の花 2」は、21日に午睡をしてから撮った。
蓮の花は、やはり午前に撮るべきだと強く思った。
もっと蓮の花らしいのを撮りたかった。

22日も午前5時前から畑仕事をやった。
8時半に朝食を済まし、急いで蓮の花を撮りに向かう。
蓮の花は、真夏の太陽を浴び、いっぱい開き、風に揺れてる。

(あぁ やっぱり蓮は朝の花だなぁ)
21日のそれとは大きな違いがある。

180722-60.jpg

180722-20.jpg

180722-30.jpg

180722-40.jpg

180722-50.jpg

180722-70.jpg

180722-10.jpg



  1. 2018/07/23(月) 05:10:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

蓮の花 2



猛暑が続いて、ちょっとヘバリ気味。
それでも気持ちに鞭打って朝仕事をやっている。土曜日も日曜日もない。(泣)
除草した畑は、気持ちがいい。それが救いである。

午睡してから、取材へ(笑) 蓮の花をまた並べる。
昨日撮ったものである。

180721-10.jpg

180721-20.jpg

180721-30.jpg

180721-40.jpg

180721-50.jpg



  1. 2018/07/22(日) 09:56:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ヤマユリ 2018



次は、hanamomoさんのブログ『春のよき日に』(17日)の「消えた山百合」へこんのが書いたコメント。

   Commented by こんの at 2018-07-18

  消えたヤマユリですかぁ......
  13日のことです。クラゲを見て、水族館を出る。
  駐車場前の山に、ヤマユリが咲いてる。(これはいい!)とカメラを向け数枚シャッターを切る。

  家に戻って画像処理をする。
  ......と、ヤマユリの数コマが真っ白!
  クラゲを撮ったデータそのままでやってしまった
  ソレガシの消えたヤマユリでした(泣)

「天童の家」では、ヤマユリが欠かせない定番画像である。毎年カメラを向けるヤマユリが、今年はカメムシの食害にあってダメだった。
次いで、加茂港近くの山で撮った(と思った)ヤマユリが、冒頭に書いたように、水族館での暗い撮影データでまたもヤマユリはダメだった。

こうなると、っふふ 意地でもヤマユリを撮らなければ男の意地がすたる、とムキになってヤマユリを探してカメラを向ける。
へへ 執念のヤマユリである。

180718-01.jpg

180718-02.jpg

180718-03.jpg

180718-04.jpg

180718-05.jpg

2枚目の画像右上、蕾の所にカメムシが...... 


  1. 2018/07/21(土) 05:12:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ムクゲの花


夏 の 花

次のそれは、驢人さんのブログ(17日)『凌霄花』の一部である。

   凌霄花

  凌霄花(りょうしょうか)は、ノウゼンカズラ。
  霄は、空。
  空を凌(しの)ぐ、ほど高く花が咲く、という意味らしい。

  明るいオレンジ色、トランペット・フラワーといわれる通り
  長いラッパの形で、派手なのに嫌味がない、さっぱり甘い、
  南国の海辺の娘のような花だ。

拝読し、次のようなコメントを書いた。


  Commented by こんの at 2018-07-18
   
   南国の海辺の娘のような花

 あぁ ブーゲンビリア でしょうか
 黒髪が海風に揺れ、髪飾りの花が香る
 嬉しく、楽しい連想ですねぇ


  Commented by unburro at 2018-07-18

  > こんのさん!

  そうそう、ハワイの感じ!
  ブーゲンビリアとか、ハイビスカスとか、の雰囲気ですね。
  ああ、海に行きたいなぁ?

  (unburroは、驢人さん)
---------------------------------------------------------------------

よく考えてみれば、ノウゼンカズラの花は、ブーゲンビリアよりもハイビスカスによく似ている。
もう一つ、ハイビスカスに似ているムクゲが、今たくさんの花を咲かせている。
我が家の庭にも2本あって、(きれいだなぁ)とカメラを向けた。

ノウゼンカズラ、ムクゲ、そして夏の花といえばサルスベリを思い浮かべる。
ノウゼンカズラもムクゲもトランペット・フラワーの形をしている。
やはり「夏の花」のイメージが強い。

180718-m5.jpg

180718-m4.jpg

180718-m3.jpg

180718-m1.jpg

180718-m2.jpg



  1. 2018/07/20(金) 07:09:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ノウゼンカズラ



次のそれは、17日のブログへの「驢人さん」からのコメントである。

  またまた、写真拝借のお願い。
  水族館!いいですね!
  写真を拝見するだけで、
  少し涼しくなりました。

  またまた、拙ブログで、少し前と、ずうっと前の「天童の家」の
  「ノウゼンカズラ」の写真を、拝借させて頂きました。
  色々探したのですが、今野さんの写真が、一番ぴったりでしたので…
  いつも、事後報告で申し訳ありません。

  ブログの中でも、「天童の家」の写真等について、
  少しふれさせて頂きました。
  生意気な事を書いてしまったかもしれませんが、
  っふふ、と笑って許して下さい。
                  2018/07/17(火) 驢 人

そして次が、私のレスポンで。

   ノウゼンカズラ
  驢 人 さん

  とても嬉しい!
  ありがとうございます

  今年も数日前から咲きました
  例年より早いですね
  咲いてる下(地)には、生々しい花がいっぱい敷き詰められてます
                  2018/07/17(火) こんの
-----------------------------------------------------------------------------------

そして、ノウゼンカズラの花を18日撮った。

180718-10.jpg180718-20.jpg

180718-30.jpg

180718-40.jpg

a href="https://blog-imgs-115.fc2.com/k/o/s/kose99/180718-50.jpg" target="_blank">180718-50.jpg

180718-60.jpg

180718-70.jpg

180718-80.jpg



  1. 2018/07/19(木) 05:10:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

湯殿山へ

180713-76.jpg

一泊だけの小旅行。囲炉裏焼きが食べたいという妻のリクエストを叶える旅。
囲炉裏には炭火が真っ赤に息づいてる。白身と赤身の魚がクシに刺してある。
サザエ、ホタテ、エビも並んである。それらは金網でじわりと炙る。

焼き上がりをふうふう言いながら食べるのは、主婦業でやるのとはまるで違う。
もちろん炭火が燃えているのだから暑い。その暑さも斜に構え、頬張るから乙なもの。
皿の上には喰らい尽くして裸身になったクシが数本横になってる。
っふふ、通常なら数人分の魚介類を食べたことになる。バイキングの食い意地だ。

もちろん辛い水も旨い。風呂もつかったし、また夕日も雲で見られないので、落ち着いて食べる。
カニ好きな妻なのに皿にのらない。「どうして?」問うと、殻が硬くて剥けないという。
蟹鋏を借り、食いやすくする。「美味い」と妻が笑う。
「もうしばらくは魚を食べなくてもいいくらい食べた」とまた笑う。

180713-77.jpg

二日目(14日)も海沿い(庄内地方)は雲が多かった。予報では、村山地方は晴れるという。
湯野浜からR7へ。その交差点近くに観光物産館があり、そこでお土産を買う。

R112(月山道)の途中で湯殿山への道を進む。何年か前に一度来たことがある。
だが、記憶にある湯殿山はおぼろ。まるではじめて走るような道。
駐車場に車をおいて目指したそこは別で、本宮はさらに上方なのはすっかり忘却してた。

   語られぬ湯殿にぬらす袂かな   芭蕉

  総じてこの山中の微細、行者の法式として他言することを禁ず。
  よって筆をとどめてしるさず。

「おくのほそ道」で、芭蕉は上の如くに記す。

また、本宮近くになると、「撮影禁止」の立て札が目立ち。神域なので撮影ができない。
それはしかたないことである。

180714-96.jpg

180714-97.jpg

180702-36.jpg



  1. 2018/07/18(水) 05:10:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

アシカショー



水族館は各地にあって、その水族館の特色(ウリ)が入館者数を大きく左右する。
仙台海の杜水族館は、その規模の大きさと豪快なイルカショーが大勢の入館者を呼ぶ。
鶴岡市にある加茂水族館は、なんといってもクラゲの展示日本一。いや世界一だ。(笑)

クラゲだけかといえば、違う。水族館のある地の風景にも恵まれてる。
佳い景色を眺めながら食べるレストランのそれも美味しい。
もちろん、クラゲだけでなく見られるさまざまな魚たち。亀やオットセイ等もいる。

カモメへ給餌、クラゲへの給餌や解説なども興味深い。
さらにアシカショーやゴマフアザラシとの交流なども嬉しい。

180713-z1.jpg

180713-z2.jpg

180713-z3.jpg

180713-z4.jpg

180713-z5.jpg



  1. 2018/07/17(火) 05:10:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

クラゲたち 3



今日もまたクラゲたちを......

180713-r1.jpg

180713-r2.jpg

180713-r3.jpg

180713-r4.jpg

180713-r5.jpg

180713-r6.jpg

180713-r7.jpg



  1. 2018/07/16(月) 05:10:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

クラゲ 2



クラゲをたくさん撮ってきた。 並べよう。


180713-01.jpg

180713-02.jpg

180713-03.jpg

180713-07.jpg

180713-08.jpg

180713-04.jpg

180713-06.jpg

180713-05.jpg



  1. 2018/07/15(日) 15:52:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

クラゲたち



湯野浜温泉の近くに小さな加茂港があって、そこにはクラゲ展示で名を馳せる「加茂水族館」がある。
今度の小旅行で真っ先に行ったのが加茂水族館。
そこで撮ったのを並べる。

180713-k1.jpg

180713-k2.jpg

180713-k3.jpg

180713-k4.jpg

180713-k5.jpg

180713-k6.jpg

180713-k7.jpg



  1. 2018/07/15(日) 11:40:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日の月山



慰労の小旅行は、湯野浜温泉。海大好きだし、魚介類の囲炉裏焼きが食べること。近くにクラゲで有名な「加茂水族館」がある。
ということで決めたが、もう一つは、月山を久しぶりで楽しみたいと。

その月山だが、昨日は雲がかかって見えなかった。
海からの帰りに、ようやく月山の姿を見て、九十九折の道を急ぐ。


180714-10.jpg

180714-30.jpg

180714-20.jpg

180714-40.jpg

180714-50.jpg

180714-60.jpg


  1. 2018/07/14(土) 17:45:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

慰安の宴を



先年までは、年に数回、小旅行をしていた。二月に1回ほどの旅。
旅というより、「慰安の宴」を近くの温泉ホテルで楽しんできた。

しかし、今年は、これまで1度も小旅行をしていない。
その理由は、母の弱りである。間もなく93歳になる母。

老いた母をおいて家をあけられないとの思いが強くなったからである。
施設へショートステイという選択肢もあるが、それへの抵抗感も強い。
「母に話してみる」妻がいうけれど、こころにひっかかりが消し難い。
実の母なら、こういう遠慮もなく話せるのだろうが、そうでないから。

あげく、1泊なら(ダイジョウブ)ということで、半年ぶりに小旅行。
息抜きの「慰安旅行」。行き先は、湯野浜温泉。

180710-s2.jpg

180710-s3.jpg

180710-s1.jpg



  1. 2018/07/13(金) 05:10:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

美味しいのを



10日のこと。
今年は、季節の推移が、例年より10日以上早いようなので、そろそろ山百合が咲く頃と思って出かける。

そこで驚きの事態に出合う。

目指す山百合の株が、無残な姿。
開花を前に、膨らんだ山百合の蕾が、ほとんどカメムシの食害にあってた。

そういえば、「天童の家」のさくらんぼも、かなりの食害を被った。
カメムシだけでなく、食害の犯人?は、美味しいのを見分けて喰らう。
喰うからには、美味しいのをと思うのは当たり前!(苦笑)

しかし、それらの害獣や害虫たちは、いったいどうやって美味い、不味いを見分けるのだろう?
カラスやスズメだって例外なく、美味しいものを選んで喰う。

憎っくきカメムシは、人間のことなど考えることなく、美味しいものを喰うことに熱中していた。

180710-k1.jpg

        180710-k2.jpg

180710-k3.jpg



  1. 2018/07/12(木) 05:10:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

蓮花咲く



昨日で畑の除草などを済まし、今日からは屋敷内の除草にとりかかる。
毎日同じような言い訳で申し訳ないが、そんなわけでアップが遅くなった。
今日は、ハスの花を並べる。

180710-01.jpg

180710-02.jpg

180710-03.jpg

180710-04.jpg

180710-05.jpg

180710-06.jpg

180710-07.jpg

蓮花の旬には、まだ尚早の感がある。
蓮花は、やはりお盆の花のような気がする。
またエントリしたいと思う。


  1. 2018/07/11(水) 16:38:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

今日の花



暑くなる前(朝食前)に畑仕事をこなす。
朝食後もまた汗を流す。
そんなことで、今日のブログのアップが遅くなった。

今日は、休みにしようかと思ったが、なんとなく落ち着かないので、へへ ありふれた花を並べる。

180710-10.jpg

180710-20.jpg

180710-30.jpg

180710-40.jpg



  1. 2018/07/10(火) 16:47:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6



立谷川に架かる赤石橋を渡ると直ぐに大森トンネル。
トンネルを出て直ぐに左折し、路肩に駐車。
同じく、路肩に車を停めカメラを山に向けている女性がいる。

「猿がたくさんいる!」見知らぬ女性がそう叫ぶ。
雑木林が、ザワザワと揺れ、猿たちが移動してるのがわかる。
「あぁ、ここの畑のスモモを食べに来たんだね」

「こんな道端の畑も獣害に遭うのね」女性の言葉に、ただ頷くしかない。


180708-77.jpg

180708-10.jpg

180708-20.jpg

180708-30.jpg

180708-40.jpg

180708-50.jpg

180708-60.jpg

180708-70.jpg

180708-80.jpg

180708-90.jpg

  1. 2018/07/09(月) 05:16:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

合歓の花 2



雨天が続いてる。
日本列島 各地で豪雨災害が発生。死者と行方不明者が多数でてる。
なんだか 天気の歯車が狂ったみたい。

それでも、というか、散歩道には、合歓の花が咲いて、池の鯉は静かに泳いでる。


180703-n1.jpg

180703-n2.jpg

180703-n3.jpg

180703-n4.jpg

180706-97.jpg

180706-98.jpg



  1. 2018/07/08(日) 08:40:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

祈りを言葉で



7月7日は、七夕である。
しかし、最も盛大な七夕飾りをする仙台の七夕は、一月遅れの8月に行われる。
仙台の七夕は、もう完全に観光催事で、祈りや願いごとを短冊に書くことは少なくなってる。

その点、7月7日に見られる七夕飾りは、色とりどりの短冊が風に揺れ、近寄って文字を読む楽しみがある。
小学校の近くの交差点や公民館の広場などに並ぶ短冊のいっぱい下がってる七夕。
それには、いろいろな願いごとや祈りが読め、思わず笑ってしまうのがあったり、中には胸ジーンとなるのに出合うのが嬉しい。

   サッカーのプロせんしゅになりたい
   自転車がほしい
   お花やさんになりたい

   さらまわしができますように
   あんぱんまんにあいたい
   受験に合格するように

   お母さんの舌が早くよくなりますように

ふ~む こころに思っている子どもたちの願いが、祈りとなって短冊に書かれる。
むむむ 天の神様への願いが、短冊から読みとれる。

祈りは、どこの国の人々でもこころの内でする。何を、どう祈ったかは、祈った本人にしかわからない。
ところが、短冊を読めば、祈りの内容がよくわかる。祈りを文章で表現するのは、七夕の願いと絵馬である。
こういう祈り(表現)は、他所の国の人々には、ある意味とても素晴らしいことと思われるようだ。

祈りは、イコール願いごとではない。
祈りの本質は、宣言のような気がする。
自分は今、このことを目標にしている。それに向かって全力を尽くすので、どうか後押し願います。と

っふふ 宣言でも、願いごと、どちらでもわるくはない。
とにかく、なにをどうしたいのか、なりたいのかを言葉でしっかりと確かめてみることがはじまり。
その内容を、短冊や絵馬にちゃんとした文で表現する。それはやはり素晴らしい、だいじなことである。

そういう文化をもっている。素晴らしい日本だと改めて思う。(笑)



  1. 2018/07/07(土) 10:27:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

誕生記念日



今日は、7月7日で七夕の日である。
年に1回、牽牛と織姫のデートの日。それだけで楽しいのに、もっともっと嬉しいこともある。

今日は、阿蘇望亭さんの誕生日。なんだか自分のことのように嬉しい。(笑)
お祝いに、裏の池に咲くスイレンの花を贈ろうと思う。

阿蘇望亭さん おめでとうございます

180705-10.jpg

180705-20.jpg

180705-30.jpg




  1. 2018/07/07(土) 05:07:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

夏 の 蝶



散歩していたら、蝶たちに出合う。
(こんな暑いのに、なんだかたいへんだなぁ)の気分。
春の蝶とは違うチョウを感じてしまう。

180629-01.jpg

180629-02.jpg

180629-03.jpg

180629-04.jpg

180629-05.jpg



  1. 2018/07/06(金) 05:11:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スイレン沼で 2



スイレンを見たくなって、また行った。
なんど見ても (いいなぁ)と思った次第である。


180702-01.jpg

180702-02.jpg

180702-03.jpg

180702-07.jpg

180702-04.jpg

180702-05.jpg

180702-06.jpg

180702-08.jpg

180702-09.jpg



  1. 2018/07/05(木) 05:01:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

紅  花



今年もまた紅花が咲いた。
山形特産で、山形市・天童市・白鷹町などで「紅花まつり」をやっている。

180702-10.jpg

180702-20.jpg

180702-30.jpg

180702-40.jpg

180702-60.jpg

180702-50.jpg

        180702-70.jpg

  1. 2018/07/04(水) 05:24:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4