FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

「秋の扇」

70915-01.jpg


散歩していたら、道の上にアサガオが咲いてた。
まさか、道にアサガオが咲くわけはない。
庭先かどこかで咲かせ、夏に観賞したのを、秋になったので、なんとなく目障りにでも感じてか、始末しようと道路に出しておいたのにたまたま出合ったということだろう。

投げ出されたアサガオを眺めてたら、「秋の扇」の故事が思い浮かぶ。
もちろん、「秋の扇」とアサガオはなんの関係もない。
なのに、(秋の扇だなぁ)と思った。

涼を呼ぶ趣あるアサガオは、夏にだいじにされる。今朝はいくつ咲いたなどと数えられ、愛くしまれる。
アサガオ日記を克明に記録している人もいたりして、夏季の人気植物だろう。
しかし、そのアサガオも秋になれば、ふ~むむ もう「秋の扇」。

「秋の扇」とは言えないかなぁ
「秋の扇」本来の意味は、次の通りである。

  秋の扇

 【読み】 あきのおうぎ
 【意味】 秋の扇とは、愛が薄らいだために男に見捨てられた女のたとえ。

 【注釈】 夏の暑いときには重宝された扇も、秋になれば暑さもなくなり用が無くなることから。
      前漢の成帝の妃・班?妤(ハンショウヨ)が、成帝の寵愛を失い、不要になった我が身を秋の扇
  にたとえて嘆きの詩『怨歌行』を詠んだという故事に由来する

という次第である。
ふむむ やはりアサガオと「秋の扇」はつながらないなぁ(苦笑)

70915-05.jpg

70915-04.jpg

70915-03.jpg

70915-02.jpg



スポンサーサイト



  1. 2017/09/17(日) 05:11:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10