未分類日記以前の天童の家RSS|

贈答での逡巡



「さくらんぼ大好き」とのコメントを頂き、それならばとMさんにも一箱送ろうと妻に話した。
「両親さんにも食べてもらったらいい」と妻が、もう一箱追加してくれたのが嬉しい。
今年は豊作だったので、欲しい方には気前よく送ることができた。

さくらんぼの写真だけでなく、実物を味わってもらう。それが生産者(私)の喜びでもある。
「さくらんぼ大好き」と書いてくれた方への単純な気持ちだった。
毎日、ブログでの交流が続いてる間柄だから、特別の手続きもしないで送った。

「甘い」とか、「思ってるより酸っぱい」などの感想が知りたい。「美味しい」と言ってもらえれば大満足。
Mさんからは、間をおいて電話があって、妻が会話した。「なんだか迷っているふうだった」と言う。
(なにの迷い?かなぁ)

後日、Mさんのブログには、さくらんぼを送ったことへの感謝が書かれ、そのブログへ多くの方々からコメントが並んでるのを読んで、(送って、よかったなぁ)と素直に喜んだ。


Mさんにとって、「天童の家」のこんのは、赤の他人である。もちろん一度も会ったことがない。
ブログというネット世界での繋がりでしかない。それなのに食い物(さくらんぼ)を送った。そう簡単に食べ物を送られることへの逡巡が...... 「迷い」あるいは「迷惑」だったのではないのか?

さくらんぼは、知ってる(イメージしてる)旨さではなかったのではないか?等といろいろと推測してみたが、分からなかった。

それにもう一つちょっと気掛かりなのは、妻に電話があったものの、それだけというか、それっきりだった。
率直に言わせてもらえば、「美味い」とか、「ありがたい」であれば、それを何かに託して表現する。
しかし、Mさんからあったのは、妻へ電話とブログにとどまった。それでなんの不満もない。

妻には、ちょっと申し訳ないが、そのへんのことは阿吽の呼吸で知るべきだ。
贈答の世界は、なかなか難しいなぁと思う。お返しを期待して送ったものでは決してない。
「さくらんぼ大好き」の言葉に、(食べてもらいたい!)と単純に思っただけである。

なのに、妻には、私の判断が適切でなかったような気がしてならない気分がする。
なんとも微妙なところである。いつまでも拘っている自分がいる。
お中元の時に、拘っていることを一度書いてすっきりしたいと思った次第である。(苦笑)



スポンサーサイト
  1. 2017/08/12(土) 17:52:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

鬼百合の周辺で

オニの名がつく植物

大鬼バス  鬼麻  鬼薊  鬼畦菅  鬼頭ゆず  鬼大葉子  鬼男よもぎ  鬼女蘭  鬼傘持ち
鬼切丸  鬼口  鬼胡桃  鬼芥子  鬼五加  鬼米ススキ  鬼昆布  鬼サルビャ  鬼下野
鬼芝  鬼縛り  鬼ジュヅ玉  鬼杉  鬼菅  鬼ゼンマイ  鬼蘇鉄  鬼田平子  鬼もどき
鬼怒甘  鬼灯  鬼茄子  鬼ナベナ  鬼鳴子菅  鬼の醜草  鬼の目杉  鬼の矢がら  
鬼野老  鬼蓮  鬼浜だいこん  オニビシ  オニヒバ  鬼瓢箪ボケ  鬼蕗  オニフスベ
鬼マツヨイ草  鬼面角  鬼紅葉  鬼藪芋麻  鬼藪蘇鉄  鬼山百合  鬼ゆず  鬼百合
鬼瑠璃草  小鬼百合  鬼無稚児桜  刺鬼蘇鉄
                        http://taro.hamazo.tv/e371976.htmlによる


生物の種名における接頭辞としての「オニ(鬼)」には、「大きい」もしくは「ひときわ大きい」との命名意図が籠められています。
比較される同種族中で大きな部類に入るものに冠される語の一つであり、基準となる種に比して大きいことを示しています。
大きいことを示す他の接頭辞との関係は、おおよそ次の通り。
[ダイオウ(大王)>オオサマ(王様)>トノサマ(殿様)>オニ(鬼)>オオ(大)]

植物で用いられる例は動物に比べると少ないですが、この順位づけに違いはありません

                        https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/による

鬼の名がつく植物をつらつら眺め、(いっぱいあるのだなぁ)と驚く。
イメージされるものもあるが、どのようなものか見当もつかないのが多い。
第一、その漢字の読み方さえ分からないのにはギブアップである。

それでも、中には、(あぁ これは分かる!)というのがあり嬉しくなる。
「鬼灯」などはその一つである。ホオズキは、酸漿とも書かれる。
「オニフスベ」ん?(あぁ 植物にちがいないなぁ)と笑ってしまった。

「鬼百合」は、もちろんあった。(笑)
「小鬼百合」も並んでるが...... いったいどんなカワイイ鬼なのだろう?
見てみたいものである。


  1. 2017/08/12(土) 14:09:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

書斎からの眺め


オニユリは、すでに複数回エントリーしている。
なのにまたカメラを向けた。

書斎窓越しに見るオニユリは、見飽きない。
特に美しいとか、なにか魅惑的というわけではないのだが、っふふ カメラを向けてしまう。

なぜだろう?
理由はわからないが、そういう被写体があるのは嬉しい。

70811-9z.jpg

70808-10.jpg

70808-20.jpg

        70808-30.jpg



  1. 2017/08/12(土) 05:11:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2