未分類日記以前の天童の家RSS|

写真コンテスト

写真コンテスト 2017

立谷川の花咲かじいさんたちが、丹精込めて咲かせた芝ざくらが、みごとに咲いている。
第2回 立谷川 芝ざくらまつりが、4月29日に行われた。その一部については翌30日からエントリしてる。
イベントの一つとして、今年も写真コンテストが企画されてる。

昨年は、友に頼まれ、コンテストに応募し、幸運にも準グランプリになった。
しかし、次回からは、コンテストには参加しないと決めていた。だから今年はのんびりと純粋に芝ざくらの美しさを堪能していた。

ところが、28日も散歩がてら芝ざくらを楽しんでいると、なにか心騒ぐ気配を覚える。
(何? どうした?)自分に問う。このざわめきは何故? 詮索すれば、次のようなことである。
誰とは知らない人だが、ドローンで写真を撮っている。それを見つけ、なぜか心がざわめく。

ドローンで撮影した作品が、コンテストに応募する。そのことを思うと、俄然 敵愾心がわいてくる。
写真とは、そういうものじゃないはずだ。人の目線では得られないアングルで撮られた作品なんてウソだ。
写真とは、こういうものなのだということをもう一度、作品で示したい!と強く思った。

一度はコンテストには参加しないと決めたけれど、ドローンが出てくるのを黙って見ている訳にはいかない。
なんとしてもドローンで撮影したものよりましな、心のこもった作品を応募しようと決め、出遅れたが 28日から毎日芝ざくらの所に通うことになった。

ドローンを超える作品を目指す。撮影手段・機材(ドローン等)が優れていれば、傑作が生まれるというわけではない。
そのことを実証してみたい!と強く思った。
写真とは、こころを「作品」にすることだ。

ドローンを敵視してるわけではない。ただ、ドローンで撮影してると知った以上は、ドローンで撮影した以上の作品を生み出そうという気持が、俄に抑えがたくなった。
28日から、毎日立谷川に通って、撮影している。その間、さくらんぼ消毒、野菜の播種・潅水、庭の草取りなど超多忙な毎日である。

とにかく、かたい決意を翻し、またもやコンテストに応募することになった。
今回は、誰かに頼まれたわけではない。
たまたまドローンで撮影してる場に出合って、上で述べたような次第で、こうなった。
なにをそう息巻いているかと訝しく思われるかもしれない。でも、ちょっとした出合いが、こころを変えるのである。

もちろん、結果がどうなるかは、いっさい分からない。
でも、やるだけのことはしてみたい。5月31日が応募締め切りで、結果発表は6月18日である。
っふふ 楽しみにしている。もちろんこれからも芝ざくら会場へは通うことになる。しかし、花はいつまでも咲いてるわけではない。
どっちみち、ここ数日間が勝負となるのかなぁ(笑)

70428-200.jpg

上と下の ドローン機種が違う。両脚についてるクッション(黒ゴム)に注目。
上は4月28日に、下は5月2日に撮った。

70502-200.jpg

70502-300.jpg

 こんのさん

 今回も、写真コンテスト頑張ってください。

              MRT 2017/5/4(木)

っふふ 友には、コンテストに応募するとは言っていないのだが......
友のBBS レスから、コンテスト応募は当然の如く既定路線になっているみたい。
友の期待に応えなければなるまい。これでは 確りとやるしかないだろうなぁ(笑)



スポンサーサイト
  1. 2017/05/06(土) 05:06:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8