FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

ト ビ



15日に、半端じゃない雪が降った。
それまで、降雪が少なく、今年は根雪も遅く、春も早く来るのかなぁなどと思っていた。
それが、覆され、今年もいかにも雪国らしい風景が見られた。そのことになんの不満もない。

雪国の冬には、やはり雪があったほうが落ち着く。というようなことで雪国らしい景色を撮って並べてきた。
しかし、半端じゃない降雪だったが、15日以降は、わずかの雪しか降らず、積もる量より溶ける方が大きい。
従って、銀世界は、日毎に痩せ細って、なんとなく貧乏くさく感じられた。(苦笑)

モノクローム写真にも、豊かな世界と、そうでないのがあるように、銀世界と呼ぶ風景にも豊潤な景色と、そうでない世界があるのが分かる。
プアーに感じられる風景にカメラを向ける気がしない。ムリして撮ったとしても、その画像から感動もなにもない。
景色を諦め、代わるものとして鳥たちにカメラを向けた。鳥たちの姿がカメラマンを喜ばせてくれた。

最近数日は、ムクドリ・ツグミ・カモ等の画像を並べた。
見る方を納得させることができたとは思えないが、「枯れ木も山の賑わい」的なブログになったとは思う。
今日は、トビ(トンビ)をエントリーする。

  トビ(鳶、学名: Milvus migrans)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。トンビとも言う。
  ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとり、上昇気流に乗って輪を描きながら上空へ舞い上がる様や、
  「ピーヒョロロロロ…」という鳴き声はよく知られており、日本ではもっとも身近な猛禽類である。

                               ウィキペディアより

その飛翔する姿は、まさに(鳥だなぁ)との思いを強くする。
ハクチョウやシラサギなどの飛び方とも大きく違う。小鳥たちの飛ぶそれともまったく違う。
滑空する姿がいい。大空を、まるで自分の独占空間のようにして悠々と飛翔する。

(あのように飛べたら、いいのになぁ)と羨望を持つ。そんな鳥だ。

70118-01.jpg

70118-02.jpg

70118-03.jpg



スポンサーサイト



  1. 2017/01/24(火) 05:23:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2