未分類日記以前の天童の家RSS|

りんご咲く

先にも書いたが、りんごが開花するのは、例年5月にはいってからである。今年は、昨日満開になった。
満開の花は、絵にならないから、満開になっていないのをさがしてカメラを向ける。
満開のそれは白一色になって、りんごの哀愁がなくなってしまうからである。(笑)
論より証拠、並べることにする。

50429-a.jpg

50429-b.jpg

50429-c.jpg

50429-d.jpg

50429-e.jpg

50429-f.jpg

50429-g.jpg

50429-h.jpg

50429-i.jpg

50429-j.jpg

50429-k.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 07:35:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

カイドウ

カイドウは海棠で、庭に咲いてるのを、 昨日撮ったので並べる。
驚いたことに5月にならないと咲かないりんごの花が、昨日すでに満開になった。後刻にエントリ予定。
ふ~む、なんだか花酔してるような気分。(笑)

50429-z.jpg

50429-10.jpg

50429-20.jpg

50429-30.jpg

50429-40.jpg

50429-50.jpg

50429-60.jpg


  1. 2015/04/30(木) 06:49:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヤマザクラ

毎日夏のような天気。28日午後4時半の気温が28度!
花々たちが慌てたように早々と咲いている。季節感をなくしたような気分。
いつも一斉に花開くみちのくだが、今年はそれ以上で、すでにボケ、ライラック、カイドウが咲いた。

ヤマザクラも咲いた。
例年なら、間もなくオオヤマザクラも見頃なのだが、今年はすでに見頃になってるだろう。
もう行く気がしない。妙な気分だ。

昨日撮ったヤマザクラ

50428-z.jpg

熱くなった頭を冷やさないといけないような気がする。
以前に撮ったまま使わないでたのを並べることにする。

50420-200.jpg

50420-210.jpg

50420-220.jpg

50420-230.jpg

50420-240.jpg


  1. 2015/04/29(水) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

カタクリ未練

画像ホルダにまだ先日撮ったカタクリがある。
例によって捨てることもならず、気になってる。
旬は過ぎたけれど、並べることにする。

        50421-10.jpg

         50421-20.jpg

50421-30.jpg

50421-40.jpg

50421-50.jpg

50421-60.jpg

50421-70.jpg

50421-80.jpg



  1. 2015/04/28(火) 07:29:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

シラネアオイ

連日、真夏のような日が続いてる。27日午後3時の気温 28度!
毎朝5時に起床し、22日に播種した畑に潅水をやっている。
蒔いてから5日たった27日朝には、カブの発芽をみる。

ホウレンソウとオカヒジキはまだ芽が出ない。
移植したキャベツも順調に活着しそうだ。
昨秋に植え替えしたニラや、一昨年に植え替えたアスパラは、緑濃く日毎にのびてる。

裏の池の傍に毎年咲くヒトリシズカとシラネアオイが、今年もきれいに咲いた。

50427-10.jpg

50427-20.jpg


  1. 2015/04/28(火) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

花  筏

または「さくら散華」

先日、作場道の「沓掛広場」のさくらをアップしたが、そこのさくらが散りはじめた。
そこには正法寺川上流の北沢と南沢が流れてる。
散った花びらが、傍らの流れに落ち、花筏となる。

50426-10.jpg

50426-20.jpg

50426-30.jpg

50426-40.jpg

50426-50.jpg

50426-60.jpg

50426-70.jpg

追  加

   おほかたは形をなさず花筏      武蔵野市・渡辺一甫

   花筏ひととき集ふ此の世かな      蒲郡市・牧原祐三

   花筏大河を下り大海へ          流山市・荒井久雄

俳句は、今日の「朝日俳壇」より


  1. 2015/04/27(月) 09:08:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

月山は待つ


次は、「驢馬の耳」驢人(unburro)さんのレスポンスである。

         Commented by unburro at 2015-04-26 12:03
  こんのさん!
 いわゆる、ボーダーラインというヤツのようで、
 薬を飲みたくなかったら、生活習慣を少しでも改善しなさい…
 などと言われて、チョットやる気になったのですが、
 まあ、ぼちぼち行きます(笑)
 月山は、どこにも行かず、どーんと、待っていてくれますからね!


月山は、すでに先日エントリーしてるのだが...... 今日のそれは、上のレスに応じる意味でアップした。
昨日の散歩で撮った月山。先日のとほぼ同じだが、「どこへも行かない月山」を現しかった。(笑)

50426-01.jpg

50426-02.jpg

50426-03.jpg

50426-04.jpg

50426-05.jpg


  1. 2015/04/27(月) 08:50:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

噴水シンフォニー

舞鶴山公園愛宕沼にある噴水たちが、桜まつりを喜ぶように歌っていた

50425-01.jpg

50425-02.jpg

50425-03.jpg

50425-04.jpg

50425-05.jpg

50425-06.jpg

50425-07.jpg

50425-08.jpg

50425-09.jpg



  1. 2015/04/26(日) 09:25:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

人間将棋

第60回天童桜まつり(4月12日~5月6日)中、いちばん大きなイベント「人間将棋」が、25日・26日の両日、
舞鶴山公園山頂で行われてる。
そめいよしのは葉桜になったけれど、枝垂れ桜や山桜などきれいな花がまつりを盛り上げる。
昨日、楽しんできたので写真を並べる。

50425-10.jpg

50425-20.jpg

50425-30.jpg

50425-40.jpg

50425-50.jpg

50425-60.jpg

50425-70.jpg

50425-80jpg.jpg

50425-90.jpg

50425-100.jpg

50425-110.jpg

50425-120.jpg


  1. 2015/04/26(日) 07:33:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

椿は春の木

先日の散歩で、椿の花を撮った。
椿の字は、木偏に春。というわけで、草冠に秋の字は萩などと面白がったことがある。
このように暑い日がつづくと、なんだか春を忘れてしまう。
でも、間違いなく今は春だ。(笑)

春を忘れないよう(笑) 椿の花と、春を代表するようなスミレ(これは庭に咲いてる)を並べる。

50420-100.jpg

50420-110.jpg

50420-120.jpg

50420-130.jpg

50420-10.jpg

50420-20.jpg

50420-30.jpg


  1. 2015/04/25(土) 10:44:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

花咲かじーさん

大森山トンネル近くの立谷川堤防と河川j敷に、芝桜がみごとに咲き広がってる。
いわゆるアダプト事業の一環として、八千代台地区の花咲かじーさんたちが丹精込めて咲かせているのだ。
毎年、テレビで放映されるから、今ではこの時期の名所になってい、たくさんの人々が訪れる。

人の手で拵えた美、それもいいと思う。美しいものは、こころに響く。
その美しさを伝えようと、今日カメラに働いてもらった。
素人カメラマンだから、うまくその美しさを伝えられない切なさがあるけれど、それは想像で補って欲しい。

50424-10.jpg

50424-20.jpg

50424-30.jpg

50424-40.jpg

50424-50.jpg

50424-60.jpg

50424-70.jpg

50424-80.jpg


  1. 2015/04/25(土) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

早い春

昨日も書いたことだが、今年の春は1週間から10日以上も早くきたようだ。
天童の一大イベントである人間将棋、今年は25日・26日であるが、さくらの見頃は18日.19日だった。

さくらんぼの開花も1週間早い。5月に入って咲くももの花もさきはじめた。
昨日の散歩で撮ったのを並べる。

50423-10.jpg

↑ スモモの花        ↓ モモの花

50423-20jpg.jpg

50423-30.jpg

50423-40.jpg

 ↑ ↓ さくらんぼの花

50423-50.jpg

50423-60.jpg

沓掛広場のさくら

50423-70.jpg


  1. 2015/04/24(金) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花と月山

昨日につつき、今日も天気がいい。やはり気持ちまで軽くなる。家にじーっとしていられなくて出かける。
いつもの散歩コースでなく、以前によく歩いてた「沓掛広場」までの作場道(農業用道)

そこの広場で Sさんと出合う。Sさんは熊鍋や猪鍋をご馳走してくれる友だちである。
「いやぁ、今年の春は2週間早くきた。5月なって咲く桃の花がもう咲いてる。こう早いと植木が動かせないから困る」
「天童の家」の庭木の手入れは、以前は Sさんに頼んでいた。表の池を造ってくれたのも Sさんだったなぁ

散歩でたくさんの写真を撮った。
今日は、月山といろいろな花たちのコラボレーション画像を並べることにする。

50423-01.jpg

↑ スモモの花  果樹園で真っ先に咲くのは梅、次いで開花するのがこのスモモの花である。

50423-02.jpg

↑ 沓掛広場から眺める月山  広場には、桜の花が爛漫と咲いてるが、それはまた別にアップ予定

50423-03.jpg

↑ 梨の花(野生の)

50423-04.jpg

↑ 菜の花  後方のそれはぶどう棚

50423-05.jpg

↑ これもまたスモモの花  先にもちょっとふれたが、今月末から5月に開花するさくらんぼやモモの花が咲いているのだが......  月山とのコラボにはまだ耐えられない花数なので割愛

いちばん遅く開花する りんごの蕾も、もううっすらと赤くなって見える。間もなく咲くだろう。
なんとも忙しい春だなぁの気分(笑)


  1. 2015/04/23(木) 14:27:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

山寺のさくら

22日、天気が良いので、山寺まで足をのばす。
山寺のさくらは、平野部のそれより3~4日遅れて咲くので、ちょうど見頃だった。
花咲いてる時に撮りたい写真があったので、いそいそと出かける。

仙山線の電車とさくら
イメージ通りにいかなかったが、並べる。

50422-10.jpg

50422-20.jpg

50422-30.jpg

50422-40.jpg

50422-50.jpg

50422-60.jpg


  1. 2015/04/23(木) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「移 植」

下のそれは、コメントでお馴染みのパレットさんのブログからの転載である。

  そらいろのパレット http://sorairo02.exblog.jp/21725319/

  Commented by pallet-sorairo at 2015-04-21 21:17
 ☆こんのさん
 明日からは晴れの日が続くようなのでちょっとほっとしています(^^。
 カンラン(^^ゞの移植って??
 農業にはまったくの素人なので、イメージが湧きません。
 サクランボの花も咲き始めましたか!
 まさに春爛漫の天童の家ですね。

先日、キャベツの苗を植えた(移植・定植)ので、それをコメントに添えたのだった。
 >イメージが湧きません。
ということなので、撮っておいたので、少しはわかってもらえるだろうとアップする。

今日は、午前中に妻がリハビリ(最終通院)なので、午後からホウレンソウ、オカヒジキ等の播種の予定。
これからは、畑仕事で忙しくなる。

「移植」について、少し書けば、
野菜つくりには、種を蒔いて育てるやりかたと、苗を買って移植する方法がある。
種から蒔いて(播種)やるのはなかなか面倒なので、苗になっているのを移植(定植)することが多い。
ダイコン、カブ、エダマメ、トウモロコシ等は種を蒔いてやる。
ナス、キュウリ、ヤーコン、シシトウ等は苗を移植する。
ネギは、これまで播種でやってきたが、面倒なので苗を買ってやろうかと話している。

50420-01.jpg

↑ 右上の木々は、啓翁桜(散りそめ)
↓ 上部に写ってるのが啓翁桜、手前から奥へキャベツの定植

50420-02.jpg

50420-03.jpg

↑  ↓   キャベツの苗、甘藍(玉)になって収穫できるのは6月ころ

50420-04.jpg


追 加
午後、妻と二人で、オカヒジキ、ホウレンソウ、カブの播種をやった。
昨年は、播種後に雨が降らずに発芽せず、蒔き直しや潅水に苦労した。
植物にとって、雨は欠かせないものである。芽出しの雨、やはり降ってほしいなぁ

50422-z.jpg



  1. 2015/04/22(水) 08:53:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

柳青める 3

「柳青める 2」をアップしたのが11日である。
20日の散歩で、(ずいぶんときれいなパステルカラーになったなぁ)とカメラを向ける。
日本画に近いこんな風景が好きなのである。

50420-150.jpg

50420-160.jpg

50420-170.jpg

50420-180.jpg

50420-190.jpg

最後に おまけの風景を

50420-140.jpg

この日の散歩は、傘を携行してだった。
青空のもとでの散歩もいいけれど、たまには雨天の中もわるくはない。
往路は傘なしで歩けたが、復路はやはり雨になった。
っふふ、春雨である。
柳は、往復ともダブリで撮ったが、結果的には、雨の中で見る緑がきれいに写ってた。


  1. 2015/04/22(水) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

カタクリの花 5

みちのくのカタクリは、今が旬である。

        50418-a.jpg

       50418-b.jpg

     50418-cjpg.jpg

50417-01.jpg

50417-02.jpg

50418-d.jpg

50418-e.jpg

50418-f.jpg



  1. 2015/04/21(火) 00:30:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

カタクリ 6

先のつづき

          50418-10.jpg

50418-20.jpg

50418-30.jpg

50418-40.jpg

50418-50.jpg

50418-60.jpg

50418-70.jpg


  1. 2015/04/21(火) 00:08:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

霞城公園 2

昨日は、息子の誕生記念日だった。
記念の祝宴は、先日娘の子どもたちも含め「寿しショップ彩」で賑やかに済ましてる。
「ばあさん(母)を花見に連れて行こう」 妻の提案で、息子と4人で霞城公園へ出かける。

母を歩かさせるわけにいかないから、車に乗せたままの花見である。
満開の日曜ということで予定していたコースが渋滞がひどく回れないので、コース変更し、お濠の北側に停車。
そこでしばらく爛漫と咲く花を眺め、今度は「沼の辺」のさくらを見ながら一周する。

その後は、「嶋ショッピング街」へ行き、スシローで食事。
母は、この回転寿司が気に入ったようで満足そうな顔。
っふふ、家族水入らずで春の花見を過ごせ、ホッとした気分。

霞城公園で撮った桜をならべる。

50419-s.jpg

50419-t.jpg

50419-u.jpg

50419-v.jpg

50419-w.jpg


  1. 2015/04/20(月) 09:13:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

美しいと思う


下は、阿蘇望亭さんの「気ままなブログ」コメントからの抜粋である。

    Commented by こんの at 2015-04-11
  スミレといえば、春を代表するような花
  それにしてもたくさんの種類があるのですねぇ
  もう見ているのですが、今年はまだカメラを向けていません
  そのうち、気に入ったのを見つけたいと楽しみにしています

    Commented by asobotei at 2015-04-11
  こんのさん、ありがとうございます。
  スミレってホントに種類が多い!
  しかもその種類の分け方がちっちゃい(?)こと!
  微に入り細に入りで頭が痛くなりますよ~~~
  でもスミレは可愛いですからねえ~!
  みちのくのスミレお待ちしていま~す!

先日の散歩で、(これは!いい)と思えるスミレに出合って、躊躇なくカメラを向ける。
珍しいとかいうのでなく、単純に(きれい!)と思うかどうかが選択肢である。
だからその花の名前は、単にスミレとしか分からない。ちゃんとした名を調べようという意欲がない。要するにズボラなのである。

それでも唯一、(きれい!)さの目は信じてカメラを向ける。いかにその美しさを写しとるか!?と......
美しいと思う感情は、理屈ではない。
美しいものを見ると、こころが喜ぶ。
美しいことは、嬉しいことで、他の人にも感じてもらいたいと思う。

「天童の家」の原点は、感情の共有である。
そう思って、ずーっとやってきた。
こんな小さなスミレにも、共感をよぶ大きな、深い美しさがあるのを見て、嬉しくなる。

50417-a.jpg

50417-b.jpg

50417-c.jpg

50417-d.jpg

50417-e.jpg

50417-f.jpg


  1. 2015/04/20(月) 00:20:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ネコノメソウ


裏の池をぼんやり眺めていて、ふと(おや?)というか(今年も!)という相交わった気持ちになる。
そうだ、あれは確かにネコノメソウ。今年もまた生えてきたのだ。

最近、特に視力の弱まりを強く覚える。ものが鮮明に見えない。例えば、月を見ると、3つにも4つ重なって見える。
ぼやける、というより複数に感じられる。弱っただけでなく、狂ってきてるのだ。

裏口から出て、近づいて見る。ネコノメソウに間違いない。移植したことはない。いつの間にか水辺にきれいな姿を見せるようになった。
今年もまた時をまちがえずに生えてきたのだなぁ。嬉しいことだ。早速、カメラを向ける。

人は、年を経るごとに老いる。
だが、花たちは毎年瑞々しい姿で花を咲かせる。当然のことなれど、っふふ、なんだか羨ましくなる。(笑)

50417-10.jpg

50417-20.jpg

50417-30.jpg

50417-80.jpg

50417-90.jpg

50418-01.jpg

50418-02.jpg

50418-03.jpg

50418-04.jpg


  1. 2015/04/19(日) 08:09:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

霞城公園


霞城公園のさくらが満開になったと報じられたは14日。
「天童の家」近辺では、霞城公園のさくらがいちばんの見所である。
(どうしようかなぁ)と迷う。白石川堤のさくらを見てきたばかりで、またすぐに花見では贅沢過ぎるとの気分である。

15日、曇空である。16日・17日の空も花見日和には遠いみたいだ。
年に一度の花だもの、贅沢してもいいだろう、と自分に言い聞かせる。(笑)
要するに、花が見たい。霞城公園へ行きたいのである。誰に迷惑をかけるわけでないと、いそいそと出かける。

毎年楽しんでる霞城公園のさくら。またいつもと同じようなのを撮るのも芸がない。
というわけで、曇り空ということもあって、アングルを変え、霞城セントラル24階へ上る。
限られた場所で、ガラス越しの撮影となるが、やむを得ない。

霞城公園は、最上義光の居城として知られていて、お濠の水と爛漫と咲くさくらがよく調和し、すばらしい絵になる。
山形駅近くにあり、お濠の傍らを通過する列車は、速度を落とし、乗客に車窓からの観桜を楽しませてくれる。
今回の撮影は、そのあたりを伝えたいと粘ってみた。(笑)

奥羽本線、仙山線、左沢線などの電車が山形駅を発着するのだが、なにせ田舎の鉄道だから電車がなかなか通らない。
長時間粘りつづけ、写せた電車が片手の指の数。なんとものんびりしたお花見だった。
うん、こういう花見もまた(いいものだなぁ)と思う。

50416-01.jpg

50416-02.jpg

50416-03.jpg

50416-04.jpg

50416-05.jpg

50416-10.jpg

50416-20.jpg

50416-30.jpg

50416-40.jpg

50416-50.jpg


  1. 2015/04/18(土) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

燃える日輪

16日は、霞城公園へさくらを見に行った。
撮った画像処理にかなりの時間をとられる。
被写体との距離があり、中途半端な望遠レンズで撮ったものだから、レタッチが必須だ。コントラストをギリギリまで強めなければ絵にならない。

時計を見れば、っふふ 台所に立つ時刻だ。小屋に乾かしてある風呂マットを取りに行き、空を見ると、中空に日輪が燃えている。
急いでカメラを持って、二階へ上る。
時間があれば、もっと違うアングルを探して撮りたかったのだが、妻が待っているので...... (笑)
寸暇を盗むような気分で、まだなにかやり残した気持ちを切り替え、台所へ向かう。

今日は妻のリハビリの日。そして22日が最終リハビリとなる。
なにかの調子で、まだ痛みを覚えたりする。重いものはまだ持てない。だが、確かに回復を遂げつつある。
歳相応に、我が身に相談しながらやっていくしかない。そう話し合っている。

50416-w.jpg

50416-x.jpg

50416-y.jpg

50416-z.jpg


  1. 2015/04/17(金) 10:28:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

墓場か戦場


    啓蟄の初の寝返り孫目覚め   幻椏

畏友 時田さんの句
下は、時田さんのブログからの転載(抄)である。

本日、朝日俳壇金子兜太選に主席入選を頂いた。句評に「啓蟄を機に更なる飛躍をと期する人。孫は道連れ。」と、恥じ入る程の御言葉を頂いた。
俳句脳は停滞をし、惨憺たる情況が続いていただけに、金子先生の励ましと有り難く今日の入選を受け留めている。

まさに孫俳句で、内孫・旺輔には良いプレゼントが出来た。長じてこの句を見た時、孫はどう思うだろう。
全く我が俳句に感心の無い息子に、早速コピーをして渡した。無言で受け取り、それ以上でもそれ以下でもない。親子とはそんなものの様である。


次は、例によって 3.11 関連句と歌である。

   穴を出て蛇フクシマを這ふばかり  いわき市・馬目 空

   防護服全面マスクで身を固め向かう建屋は墓場か戦場か    いわき市・池田 実

   痛みなき被ばく線量の積算に「大丈夫」と若い作業員笑う   いわき市・池田 実

   汚染水はさておき自民党内の声は確かにアンダーコントロール  西海市・前田一揆

俳句・短歌は、朝日俳壇・歌壇(13日づけ)より


50415-30.jpg

50415-40.jpg

50415-50.jpg

50415-60.jpg

          50415-70.jpg

                    ↑ は、15日の散歩で撮った


  1. 2015/04/17(金) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

花の旅


大河原町白石川堤のさくらを堪能し、満ち足りた気分で宿泊地の白石温泉へ向かう。
R4を南へ走る。そう長くない距離だ。その間にも所々にハッとするような桜花爛漫を見る。
白石温泉は、はじめてなので場所を探しながらすすむ。

そこは、白石川が流れ、桜、連翹、山吹、紅梅などが建物の周りに咲いている。
うふふ、まるで桃源郷みたいなところだった。
部屋の窓からは、桜花が眺められ、その向こうに菜の花が黄色い絨毯を広げてる。

特に夕食と朝食をとったレストランで見る庭園の情景は、まさに春に咲く花々を並べ尽くした感じだ。
なかでも、淡墨桜はその花模様が染井吉野とはかなり違った華やかさに息をのんだ。
ふ~む、花々にとり囲まれ、なんだか花酔したような、ひさしぶりに現実離れした世界に浸ったのである。

13日午前9時半、白石温泉を後にし、R113を西へ走る。
七ヶ宿町滑津にある滑津大滝を見る。雪解け水を集めて落下する二段の滝が轟々とこころに響く。
「こわいような勢いね」妻の言葉に素直に頷く。

七ヶ宿町から羽州街道を金山峠越え、上山市へと向かった。しかし「湯原」宿を通過すると間もなく、冬期閉鎖の通行止めに出合う。
引き返し、R113を高畠町二井宿へ向けて走る。
道路脇には残雪がどっさりあって、ミズバショウを見るのはムリだろうと話し合っていたが、うう なんと幸運にも群生して咲く清楚な花を見ることができた。

12日・13日の小旅行は、まさに「花を見る旅」、花の旅となったことに大きな喜びを覚える。
天気よし、花もよし、温泉も宴もよかった。
「今がいちばん幸せ」二人にとって、そう思える旅であった。

50413-10.jpg

50413-20.jpg

50413-30.jpg

50413-40.jpg

50413-50.jpg

50413-01.jpg

50413-02.jpg

50413-03.jpg

50413-04.jpg

50413-05.jpg

          50413-06.jpg



  1. 2015/04/16(木) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

白石川堤のさくら  4

白石川堤さくら の最後というか、最終版
いわば「こぼれ花」的な画像で、いつものように捨てられず、画像フォルダに入れておいたもの
月並みだが、並べる

50412-100.jpg

50412-110.jpg

50412-120.jpg

50412-130.jpg

50412-140.jpg

50412-150.jpg

50412-160.jpg


  1. 2015/04/15(水) 10:42:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

花見の旅


久しぶりの小旅行は、いい天気に恵まれた。
片道90分は、楽に日帰りできる距離である。
だが、こころは、ずいぶん久しぶりの遠出、ルンルン気分。

妻が、怪我をしたのは、8月31日。肩腱板断裂の手術を受けたのが12月2日。
昨年、最後の小旅行をしたのが7月14日、湯野浜温泉へだった。
まるまる9ヶ月ぶりの旅行である。

午前9時に出発し、高速山形道に上がった。東北道に入ると間もなく村田手前から渋滞がつづく。
大河原へは、村田で下りるのがいちばんの近道である。さくら満開、天気がいい、皆が一斉に村田へ向かう。
渋滞を抜け出し、大河原へは予定通りに10時半に到着。公園脇の路肩に駐車し、歩き出す。
花は満開、遥か西北に残雪で輝く蔵王の峰々が美しい。

話がズレるが......
その蔵王が、地震性の微動が頻繁で、4月13日13時30分 、仙台管区気象台では、蔵王山に火口周辺警報(火口周辺危険)を発表。
想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒。
地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らない。
また、風下側では火山灰や小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意。

まだ残雪がどっさりだから、特別な事情がない限りは、想定火口域に近づくことはない。
GWまでにエコーライン開通で除雪作業をやっている人々が避難。その結果、今月末の開通は難しいという。
満開のさくらを楽しみながら見る蔵王が、そうした危険を孕んでいるとは思えないのだが、やはり地球は地下深くで活動を続けているのだなぁ

爛漫と咲くのを眺めていると、そうした緊迫した動きがあるとは少しも感じられない。
っふふ、今がいちばん幸せと、河川公園のベンチに腰掛け、今朝握ってきた炊き込みご飯のおにぎりに舌鼓を打つ。
9ヶ月ぶりの遠出がなんとも嬉しく、幸せ感がわいてくる。

午後1時半、大河原町での花見を楽しみ、おにぎり一つだけでは空腹で、ラーメン屋に入る。
先客が4組おり、待ってもらうことになるが、よろしいですかと問われ、ふ~む、待つことにする。
20分近く待って、中華そばを食べる。夜には宿での宴があるから、これでよしと、中華そばに満足する。

大河原町から白石市へは遠くない。午後3時には白石温泉へ到着。
ムリない余裕の時間だったが、ただ花見で歩いた距離が少し長かったかなぁと気になった。ゆっくりと湯につかって疲れをとることにする。
宴は、午後6時からはじまる。(笑)
12日の歩行数、13,546歩。二日分を歩いたなぁ。めったにないことだが、よしとしておこう。

50412-a.jpg

50412-b.jpg

50412-c.jpg

50412-d.jpg

50412-e.jpg

50412-f.jpg

50412-g.jpg

50412-h.jpg
  1. 2015/04/15(水) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

白石川堤のさくら  2

一目千本 さくら

もちろん、「白髪三千丈」の言い方であり、本当はどのくらいあるのか、知らない。
目くじら立てて、いったい何本だ?と言うほどことはどこにもない。
とにかくみごとな眺めである。一目百万本とも言いたいほど。(笑)

50412-01.jpg

50412-02.jpg

50412-03.jpg

50412-04.jpg

50412-05.jpg

50412-06.jpg

50412-07.jpg


  1. 2015/04/14(火) 11:56:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

白石川堤のさくら

12日に、満開のさくらを楽しんだ。
たくさん撮ってきたので、分けてエントリーする。

50412-10.jpg

50412-20.jpg

50412-30.jpg

50412-40.jpg

50412-50.jpg

50412-60.jpg

50412-70.jpg


  1. 2015/04/14(火) 06:55:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

野望を遂げられ

「驢馬の耳」の驢人(unburro)さんが、散歩をはじめられた。
そのコメントとunburroさんのレスポンスを転載させてもらった。抄である。

 「元気に暮らすのがあなたのしごと」と言われ、毎日歩き続けてる男もおりまする(笑)
                   Commented by こんの at 2015-04-08

  こんのさん!
 私も、今朝歩きました!
 これで、堂々と、三日坊主です??

 大切な人のために、元気でいたい、
 大切な人にこそ、元気でいて欲しい。
 それこそが、愛ですね
                    Commented by unburro at 2015-04-08

  palletさま
 三日坊主以下だな~と言われるのが悔しくて、
 三日続けましたが、三日続けると、少し欲が出てきました。
 三日坊主の繰り返し、いいですね!
 そんな感じで続けます(^^♪
                    Commented by unburro at 2015-04-08

  鍵コメ様
 速足の散歩を続けて、いつか、山ガールの仲間入り?出来たらいいな、なんて野望を、ちょっと、持ち始めました。
                    Commented by unburro at 2015-04-08

驢人さん
まず無断拝借を許してくだされたし
さて、
「野望」を、ぜひぜひ遂げられること、切に願望しておりまする
その暁には、勇躍名峰月山に登攀されること、夢見ておりまする
その際にはご同道のことお忘れなきよう伏してお頼み申しまする
卒爾ながら、ここで某の4月上旬の歩行数をご報告いたしまする

4月1日  0
  2日 9653歩
  3日 5187
  5日 6140
  6日 8922
  7日 7370
  8日 4640
  9日 6845
  10日 6853

1日が0というのは、全然歩かなかった、というわけではなくて、雨天か、あるいは畑仕事等で歩数計(ガラケイ)を持たなかった。
11日も雨天なので、散歩は休む。
ということだったが、へへ 春雨ということで、歩いた。6484歩

12日は晴天。白石川堤の桜を楽しみながら、妻と一緒に歩く。きっと1万歩を超すだろう。
まぁ、歩数など、あまり窮屈に考えずに、マイペースでやるのがベターだと思料しまする。


  1. 2015/04/13(月) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4