FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

アメニティを得る


一軒の家屋のうちで、どの部屋が大事かという問は、意味がないと思う。
それでも、やはり重要視したい部屋というのがあるような気がしてならない。
へへ、独断と偏見で書けば、台所・トイレ・風呂場は要所というか、アメニティが欠かせない気がする。

家族の食事を調理することは、とても重要な営為で、家族の健康を左右することにつながる。
毎日3食、365日、食事作りをする場所は、やはり快適な環境でありたいと思う。
同じようにトイレと風呂場は、台所と同様に重視したい所である。

一昨年は、台所に高性能のエアコンを設置した。昨年はガスレンジを更新した。
妻は、ちゃんとした洗面台を望んでいた。あることはあったのだが、洗髪などは出来なくて、ものたりなかったのだろう。
妻のイメージしてるようなのを造ろうと話していたが、なかなか大工さんを呼ぶまでにはいかないでた。
それが、風呂釜の不具合が発端となって、今度の風呂場改造と洗面台設置につながった。

いえば、これでようやっと納得できる一軒の家ができたなぁということだろう。
ユニットバスは、アメニティに富んで満足だし、新洗面台もイメージしてたようなもので、妻も喜んでる。
いちばん厳しい寒冷時に、3週間不便な思いをしたけれど、13日にすべて完成した。
(嬉しいなぁ)と素直に思う。

今回の改造事業では、いろいろな業者が関わった。
大工さん・左官さん・設備屋さん・ユニットバス組み込み職人さん・電気屋さん・ガラス屋さん・建具屋さん・内装屋さん。
それぞれが、それぞれの仕事をてきぱきとやってくれた。今回し残されたトタン屋根の修復(煙突撤去に伴う)は、雪が消えたら改めてやってもらう。
実に9職種の参加があったことに軽い驚きさえ覚える。

おおぜいの皆さん方の働きがあって完成したのであるなぁ
仕事の窓口は、大工さん(Rさん)。私たちは、Rさんの技術と人柄を信頼し全てを任せた。
その信頼に、みごと応えてくれた Rさんに、感謝の気持ちがわいてくる。

新築とはちがい、面倒くさい仕事だったろう。
Rさんは、精力的な仕事をやってくれた。
アメニティを得たことは、大きな喜びである。さらに嬉しいのは、大工さんはじめおおぜいの職人さん方の仕事ぶりが見られたことである。

20213-10.jpg

20213-20.jpg

20213-30.jpg

20213-40.jpg

午後5時50分の気温1度、曇


スポンサーサイト



  1. 2012/02/13(月) 17:48:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

バレンタインデー

「ちょっぴり春の気配が感じられますよねぇ」妻が、そんな挨拶を大工さんと交わす。
「夜明けが早くなって、日も伸びたのが分かる」大工さんは、仕事へ来る前に、娘さん(高校生)を車で駅まで送るのだという。
「日足が伸びるのは、それだけで嬉しくなるなぁ」と私。
「鳥の鳴き声を聞くと、やっぱり春が近づいたなぁと思われるのね」と妻。
大工さんが仕事に入る前のコーヒタイム、時候のあいさつで、うふ なんか詩人になったような気分。(笑)
光や空気の色に、春を感じ、あらためて(そういえば、そうだなぁ)とかすかな春の気配に嬉しくなる。

「パパは、チョコなどよりもっと何か欲しいものない?」12日の朝、食後の喫茶を楽しみながら妻が言う。バレンタインデーをイメージして言ってるのだろう。
「もうチョコは卒業だなぁ。なにも要らないよ」
「だってぇ 娘たちが、今日パパに持ってくるというのに...... 欲しいのがあったら、あげるから」
「ママが居るだけで十分。それだけでいい」
娘は、これまで毎年欠かさず、チョコやなにかを持ってきてくれる。妻は、それに少し競争心を煽られるようだ。(笑)

まだ仕事をしている頃は、いわゆる義理チョコの多寡さえ気になったものである。
だが、72にもなると、もうそういうことはどうでもいいような気がする。
実際、それを気にしたって如何ともしがたいのだから、むしろきっぱりと諦めるというか、気にしない方がいい。
せめて娘が持ってきてくれるそれくらいは、ありがとうと素直に受け取るのが見苦しくない姿だろう。(笑)

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」である。

あぁ、ほんとに春の気配が日毎に濃くなってくるのが嬉しい!
空の色、光のそれが冬のものではない。
本格的な春は、まだまだ先かもしれないが、「春」に思いを巡らせることでこころはずいぶんと明るくなる。


画像は、娘と孫たちが書斎にきて置いてったもの。(笑)
他の2枚は、12日に撮った、なんの変哲もない庭から見る景色

20212-01.jpg

20212-10.jpg

20212-20.jpg

今朝の気温-1度、晴


  1. 2012/02/13(月) 06:22:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0