FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

寒波襲来


4日の新聞社会面に次のような記事があった。備忘録として採録する。(朝日新聞から)

     46都道府県で零下  観測点の94%で記録

  日本列島は3日朝、各地で今季一番の冷え込みとなり、沖縄県以外の46の都道府県所在地の観測点で、最低気温が0度未満の「冬日」を記録した。
  同日夕までの時点で、全927ヵ所の観測点のうち約94%の874ヵ所が冬日となった。
  
  寒気や放射冷却の影響で、長野県南牧村で零下20.0度を記録するなど、観測史上最も寒かった地点は38ヵ所。
  宮城県栗原市の零下18.3度や鹿児島県肝付町の零下5.3度など南北に広がり、九州に21ヵ所が集中した。

  日中になっても気温の上昇ぶりは鈍く、夕方までの最高気温も0度に満たなかった地点が、全観測点の約3分の1にあたる336ヵ所にのぼった。


3日は節分で、ね 「福は内 鬼は外」の豆まきが各地で行われた。
この寒さで、外に追い出されて鬼さんたちは、きっとぶるぶる震え辛かっただろう。(笑)

4日は、立春である。暦上でのそれとはいえ、「春立」という文字をみるとホッとする。
寒さと降雪の峠は越したと思っていたら、うう 8日ころから再び寒波がやって来るという。
「冬来たりなば 春遠からじ」とは言うけれど、春の足音はまだまだ遠くて聞こえて来ないなぁ。

それでも、大工さんの打つ金槌の音を聞いていると、うう「天童の家」には一足先に(春が近づいてきてるなぁ)と思えるから、可笑しい。
5日は、表具職人さんが見本を持ってやってくる。洗面所も間もなく出来上がるだろう。
うん、金槌の音が、朝餉の包丁に似た快い響きで聞こえてくる。大工さんは、寒くてたいへんだろうが、暖かい書斎でパソコンに向かっている身には、「春の音」に聞こえてくるのである。(笑)

*
午後5時50分の気温0度、雪


スポンサーサイト



  1. 2012/02/04(土) 17:49:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

極楽だぁ


2日は「大安」だった。
前日は「仏滅」である。
六曜のそれを信じていない。だが、母や妻はよくそれを口にする。

22日が旧い風呂に入った最期の日だった。
風呂場のリニューアル作業がが23日からはじまり、30日にユニットバスが組み込まれ、31日には風呂釜とバスがつながった。
1日には、風呂が使えるようになったのだが......
「2日が大安だから、明日から入りましょ」妻の言葉に否やはない。1日早かろうが遅かろうが、ここまできたら同じようなものだ。

2日、新装なった風呂の使いはじめである。
「パパ、これを四方にね」妻が酒と塩を差し出す。母が、そうするように言ったのだという。
この際だから、素直にしたがうことにし、裸姿で酒と塩を四方にまいて頭をさげる。

11日ぶりの家庭風呂である。旧の浴槽は方形だったが、今度のそれは長方形で、足を伸ばし寝たままの姿勢で湯につかれる。
(あぁ、なんと気持ちいい!)
「極楽だなぁ」思わず独りごちってしまう。

浴槽の中で、このまま眠りたくなるような気分である。
(このまま眠ってもいいかなぁ)と思うほど安心して使える浴槽なのに驚く気分が強い。
静かに、深く、久しぶりの入浴を愉しむ。

どれほどの時間が経過したのか、扉が開き、妻が顔を覗かせる。
「あんまり静かだから、どうしてるのかなぁって心配だから...」妻を不安がらせるほどの長湯になってしまったようだ。
っふふ、なるほど(アメニティたっぷりの風呂場になったなぁ)と大満足である。

*
今朝の気温-4度、曇



  1. 2012/02/04(土) 06:44:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7