FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

ネズミ対策

根囓りネズミ

先に、ネズミの根囓りについて書いた。
囓られたさくらんぼの木は、葉っぱの付きがわるくなる。葉数が少なく、葉の幅も小さく、要するに勢いがなくなる。
花は他の木と同じにいっぱい咲く。花芽は前年にできるから、花は例年通りにいっぱいが咲き誇る。
けれど、葉っぱは今年に芽生え、茂る。根から養分を十分に吸い込めないから葉は他の木のように茂ることができない。

葉の茂りがよくないのを見て、慌ててしまう。うう そこでネズミ害が分かる。素人のかなしさで、どうも後手後手判断になってしまう。
雪が消え、ネズミ穴がある時点で判断し、対策を立てなければならなかったのであるが、それが出来なかった。
他の木の茂りを見て、あぁっとネズミ害に気づく。さて、どうする? 慌てて、農協へ走って対策を教えてもらい、実行することになる。

ネズミ穴に水を注ぎ、土を泥状にし、ネズミ穴を潰してしまうのが応急処置だという。
土中が穴ですかすか状態になって、根が養分を吸収できなくなっているので、とにかく穴を潰して塞ぐことである。
早速、動噴にホースを繋ぎ、川から水を汲み上げ、ネズミ穴に勢いよく注水する。泥土がネズミ穴に流入していく。
これで根が土に生えていけるだろう。これから葉っぱを新たに出すことはできないかもしれないが、枯死だけは防げるはずだ。

そうした根を囓られた木のさくらんぼは、今年の収穫を早めに終え、来年のために肥料を多目に施し、経過をみるしかない。
基本的には、ネズミ駆除剤を使って ネズ公撲滅作戦を行う手はずを整えることである。
うう 素人でも一度経験すれば、その分は少しプロに近づいたことになる。こうした学びが、ある意味楽しい。

「天童の家」味のいい若木2本、なんとか立ち直って欲しいと思う。
こういうアクシデントがあるから、いろいろと学ぶことも多い。失敗は thinking の母(笑い)である。
とにかく足繁く、畑に通うことがだいじなだなぁ 「足音は田圃の肥やし」と言われている言葉を大切にしたい。
素人農業、ままごとみたいなそれだが、うふふ こういう作業が、ね 毎日の張りになっている。

0523-50.jpg

0523-60.jpg

0523-70.jpg

0523-80.jpg

午後5時25分の気温17度、終日降雨
植物たちには慈雨だなぁ


スポンサーサイト



  1. 2010/05/24(月) 17:26:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

甘い根?

甘い実の根

みちのく雪国に暮らしていると、(こんなに寒く、雪が多いのに、いったいどうしているのだろう?)と思うことがある。
う~む、カモシカや猿、ウサギなどの動物たちの真冬の暮らしや食べ物のそれを考えてしまう。
寒さは、毛皮を着ている(笑い)からまだしも、雪で埋まってしまって食べ物などさがしても見つからないだろうと、つい心配するから可笑しい。

春になって、木の幹や枝がなにかに囓られた痕を見かけるが、あれはきっと動物たちがひもじさに堪えかねて齧りついたのだろうと思われる。
だから山裾に植えた果樹の幹には 金網を巻いて、動物たちから木肌をまもることもしなければならない。
木を害虫から守るための藁むしろとは違って、ちょうど積雪面あたりの高さに40~60cm幅ほどの金網を巻くのである。

里の畑には、ウサギや猿たちがやってくることはまずないから、動物たちの被害はないように思われるかもしれないが、それが違う。
雪が消え、畑仕事をはじめようとすると、畑一面 土が盛り上がってすかすかするのを見る。(あぁ、ずいぶんとやってきたなぁ)と思う。
ネズミたちが食べ物を探し、雪の下の地面を走りまわった跡である。モグラもまた同じである。

ネズミたちは、果樹の根を囓る。それも美味しい実のなる木ほど、その根が囓られることが多い。
「天童の家」のさくらんぼの若木も、これまで 2本、ネズミに囓られて枯死した。
こういう被害は、我が家に限らず他所でも多いらしい。農協の広報誌でも「ネズミ害対策」が大きく扱われている。

不思議に思うのは、例えば さくらんぼの木でいえば、甘く美味しい実がなる木ほど、その根が囓られることが多い。
ネズミは、なぜそうするのだろう? まるで、甘い実がなる木の根は、根も甘く美味しいというのだろうか?
まさかと思うけれど、へへ そう思えてならない(笑い)。甘くて美味しい実のなるだいじな木ほど被害に遭うから、腹が立つ!

「実がうまい木は、根っ子もうまいんだね」妻が真顔で言うから、可笑しいけれど、なんか真面目に否定もできず、困ってしまう。
もしかしたら、あるいは妻の言うことが、当たっているのかも...と考えてしまうのであった(笑い)。
美味い実の生る木は、うふふ 木や根っ子まで美味しい。そんなことがあるはずもない、とは思うのだけれど...

0522-10.jpg

0522-20.jpg

0522-30.jpg

0522-40.jpg

上のそれは、昨日ぱちりした「天童の家」の表の庭


今朝の気温14度、雨




  1. 2010/05/24(月) 06:50:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4