FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

「碍」の字

91127-h.jpg

91127-i.jpg

91127-j.jpg

91127-k.jpg


今日は、朝日新聞のシリーズ記事「ニッポン 人・脈・記」の転載(4日付)である。

     漢字の森深く[7] 「碍」の字で社会は変わる
 普段の生活でよく使う漢字を一覧したのが常用漢字表だ。国が選び、あくまで使用の目安だが、社会への影響は大きい。
 兵庫県芦屋市に住む豊田徳治郎(74)は、来年秋に向けた常用漢字表の改訂作業を祈る思いで見守っている。
 「障害者ではなく、障碍者と書けるようにしてほしい」

 豊田には苦い体験がある。高度成長期を商社マンとして生き、会社も起こした。家は妻に任せ、長男の実(みのる・47)とは親子らしい会話もない日々。
 1995年、実が統合失調症と診断される。でも、何もできなかった。
 2000年に仕事を退き、初めて息子と向きあう。「自分は一体、何をしてきたのか。贖罪しかない」。

 ボランティアで障害福祉に取り組むうちに、障害者という表記が気になった。「害のある人と誤解されかねない。名は体を表しますから」
 三十数年前のソウル駐在時代の記憶がよむがえる。日本語がよくできる取引先の部長に尋ねられた。
 「韓国では障碍者と書く。日本ではなぜ書かないのか。」答えられなかった。

 障害も障碍も戦前から妨げるの意で使われていた。害には災いの意味があり、害悪など否定的なイメージが強い。
 なのに障害が使われ、定着した背景には、国の漢字政策がある。
 敗戦の翌46年、膨大な漢字に手を取られていては国の発展は望めないと、使用を制限する当用漢字表(1850字)ができる。
 だが制限すべきではないという声も強まり、81年の常用漢字表(1945字)では目安とされた。
 この間、碍は一貫して採用されていない。

 今年1月、改訂作業で最初の試案が公表されると、碍の採用を求める意見が20件も寄せられた。
 豊田が副理事長のNPO法人「芦屋メンタルサポートセンター」もそのひとつ。精神障害者に代わる言葉として、心的障碍者を提唱している。
 米国では障害者をチャレンジド(challenged)と呼ぶことがある。挑戦すべき試練を神から与えられた人。
 豊田は日本語でもこんんあ言葉がほしい。まずは「障碍」からだ。

 豊田は5月、「tokujirouの日記」というブログを始めた。碍について発信している。
 最初に応えたのが日本語学者の當山日出夫(54)で、「敬意を表します」と伝えてきた。
 豊田が実のことを書いたのも、目的達成には目立つ覚悟も必要と當山に助言されたから。
 立命館大などで教える當山は、黒板に書く時に赤チョークを絶対使わない。色覚異常のある人は見づらいためだ。奈良市内の住職でもある。

 10月に2度目の試案が公表され、碍はやはり採用されなかった。使用頻度が低く、熟語も障碍と融通無碍ぐらいしかない。そんな理由からだった。
 當山は言う。
 「障害や人権にかかわる漢字には、使用頻度とは別の判断基準が要ります。その意味で、障碍の碍は政治的な文字なんです」
 當山は豊田と意気投合した。賛同者を募り、精神保健福祉の推進のために行動する「みんなげんき倶楽部」を、11月29日に東京で発足させたばかりだ。

 企業にも変化がある。
 マイクロソフト最高技術責任者の加治佐俊一(50)は昨年初め、自治体では「障がい」と表記している例があることに気づいた。
 部下で全盲のプログラマーに尋ねてみると、害を使わない動きが出ているという。
 うかつだった。日本版ウィンドウズ製品の開発責任者を長く務め、障害者への配慮を心がけてきたのに、「マイクロソフトはなぜ迷いもなく、害虫の害を使ってきたのか」。
 社内で議論し、製品や文書の表記で障害を障碍と改めることにした。

 最初の試案には碍の採用を求める意見を送った。10月に発売した基本ソフト「ウィンドウズ7」も障碍を採用している。
 そんなさなか、豊田からメールでブログを知り、共感する。「あの方の主張がきちんと受け入れられたら、社会は優しい方向へ向かう気がします」
 
 文化審議会国語分科会会長の林 史典(68)は、2度目の試案をまとめる時にこう発言していた。
 「碍は微妙な問題なので、結論はまだ出さない。最終案までさらに考えたい」
 可能性は残っている。
                   (白石明彦)
天童市でも数年前から「障がい者」などと仮名書きにしているが、なんとも歯痒いというか、奇妙な気分が拭えない。
害が碍になったとしても、障碍者感がそう簡単に変わるわけでもないだろう。
精神分裂病が、統合失調症に変わって数年経つ。だが長い間に染みついた「偏見や差別」のそれがなくなったとはいえない。
「碍」の字で社会は変わる というのは、見出しであって、実社会はそう生やさしいものではない。

しかし、前向きに捉えて糺すべきものは正してくのは必要なことである。
長い時間がかかるかも知れないが、統合失調症も、また障碍者も理解が深まって、みんなが優しく暮らせるようになればありがたい。

91125-j.jpg

91125-g.jpg

91127-m.jpg

91127-n.jpg

今朝の気温5度、雲多いけれど青空が... 今朝も淡いきれいな朝焼け




スポンサーサイト



  1. 2009/12/06(日) 06:53:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4