FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

今日の日記

今日の日記

朝ご飯前から剪定作業をはじめる。暑くならないうちにと取りかかる。予報では曇り(戻り梅雨空)だったが、なんとなく暑くなりそうな予感がする。
「ご飯にしましょ」妻が朝食を呼びにくるころには、太陽が輝き暑さが増す。(予感が中ったなぁ)
朝食を済ますと再び剪定作業。これといった銘木があるわけでないのだが、放っておくと蒸し暑さを覚えるのでカットした方がスッキリする。

道路に面した表の方がだいたい終わり、今日から裏の方をやる。表のような大きな木はないけれど、ごちゃごちゃといっぱいあるので片っ端からやりはじめる。
道具があるからけっこうはかどるのでありがたい、というか面白い。
髪が伸びた頭髪にバリカンを入れるような具合で、作業そのものに快感みたいなのがあるから可笑しい。
剪定鋏でやるのとは違い、自由自在に形が作られる?という面白みがあるから、多少暑くてもやっていられる。

午前10時になると、「一服しよう」と妻が冷たいミルクと冷えたスイカを用意するから嬉しい。こういうおやつがあるのはありがたい。
「パパ、お願い」と妻。
「なんだよぅ、面倒なのは困るぜ」と釘をさす。
「昼から、蔵王温泉へ連れてって、アセモにいいから」妻は毎夏背中や腕にアセモができる。蔵王の硫黄分がアセモに効くことが分かっている。
「うん いいよ」妻のこころが読める。アセモに効く蔵王温泉は大義名分?で、実は剪定作業が一日中では辛かろうから、午後は温泉にでも入ろう、という魂胆?なのである。

昼食までにツツジ(5本・玉仕上げ)、キャラ(イチイ・2本と半分)をカット。
母は、明日お友だちと蔵王へ行く予定なので、妻と二人で出かける。いつもは真ん中の「源七の湯」へ入るのだが、今日は母がいないのでいちばん上の「蔵王大露天風呂」へ。
久しぶりの大露天風呂でゆっくり風景を眺め、硫黄温泉につかる。

風呂から上がって、ソフトクリーム(ラ・フランス風味)を食べながら、蔵王ロープウエイーの景色を楽しむ。
「天童の家」への帰り道、雨が降る。蒸し暑いのは変わらないが、気分的には(あぁ、いい雨だなぁ)である。

夕食時の晩酌、その後の「篤 姫」を楽しむ
へへ、なんとも幸せな一日であるなぁ

80725-a.jpg

80725-b.jpg

80725-c.jpg

午後5時半の気温24度、先ほどの雨が止んで曇空
スポンサーサイト



  1. 2008/07/27(日) 17:33:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

戻り梅雨

80723-a.jpg

 戻り梅雨

以下は、次のHPからの転載
      http://harada.laff.jp/blog/2005/07/post-85f3.html

   関東だけ戻り梅雨(もどりづゆ) 2005年7月25日(月)
 関東地方は、18日に梅雨明けしましたが、20日以降は、また雲が多くなり、気温も低い涼しい日が続いています。
 これは、東北地方にある梅雨前線の雲の端っこが、関東にもかかっているためです。でも、「梅雨明け」の発表が間違っていたのではありません。
 これは、「戻り梅雨」現象なのです。

 梅雨前線が弱まりながら北上したときの「梅雨明け」後や、台風が日本の近くにいて影響するときは、関東のように梅雨前線の境目に近いところは、はっきりしない天気になるのですよ。
 「戻り梅雨」は、必ず毎年あるわけではありませんが、5~6年に1回くらいは起こる現象です。日本に住んでいるのなら覚えておいて、損はありません。(ちなみに、梅雨入り前には、「走り梅雨」という梅雨の前触れのような季節現象もあります。)
 私は、「気象庁は珍しく、すばらしいタイミングで梅雨明けの発表をした」と思っています。天気は愚図ついても、今回の戻り梅雨はあまり雨は降らず、この先、まとまった雨は、台風か激しい雷雨しか期待できないのですから。

また、以下は次のHPからの転載
       http://chiezou.jp/word/%E6%A2%85%E9%9B%A8

  春から夏への季節の変わり目に東アジアから東南アジアにかけてみられる長雨や曇天。太陽が黄経80度を通る日が暦の上の入梅で、6月11日頃。
 気象上の梅雨入りは、南西諸島で5月中旬、南九州で6月初め、西日本から東北地方にかけては6月上旬から中旬頃。本州南岸では、オホーツク海高気圧からの冷湿な北東風(やませ)と太平洋高気圧からの暖湿な南寄りの風が衝突して、梅雨前線が停滞する。やませが吹き続けると、低温・日照不足・梅雨寒(つゆざむ)をもたらす。
 7月中旬から下旬にかけて太平洋高気圧の勢力が強まると梅雨前線が北上または消滅して梅雨明けとなる。

 梅雨明け後に再び前線ができる場合が戻り梅雨。梅雨のない北海道では、年によっては、えぞ梅雨という梅雨に似た現象が現れる。
 菜の花が咲く3月中旬から4月にかけての長雨が菜種梅雨(なたねづゆ)で、春霖(しゅんりん)とも呼ぶ。この頃の雨が春雨(はるさめ)、梅雨入り前の長雨が走り梅雨。
 8月後半から10月にかけて現れやすい長雨は秋雨(あきさめ)で、秋霖(しゅうりん)とも呼ぶ。

       ( 饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 )

80725-d.jpg

80723-b.jpg

今朝の気温22度、雲多い。戻り梅雨空
  1. 2008/07/27(日) 06:11:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2