FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

カモ

画像のストックがまた多くなったので...
散歩途中で出合うカモたちの姿が、こころを和ませる

80711-h.jpg


80712-u.jpg


80712-v.jpg


午後6時の気温26度、今日は29度まで上がったが、蒸し暑くないから救われる
さくらんぼ畑の除草と施肥、庭の植木の剪定(ツツジとツゲ)をする
スポンサーサイト



  1. 2008/07/14(月) 18:09:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

80712-7p.jpg

80712-8h.jpg

80712-8m.jpg


老いたとは...

母は、大正15年うまれだから83歳になる。
血圧が高い、目がみえないなど 身体不調を訴え、通院している。歳相応のもので特別どこが悪いというのではない。
誰でもこの歳になれば多少はこうなるのであろう。

母は、湯治がが好きで、以前は遠距離を厭わず肘折温泉などへよく行ったものだが、最近は「遠くてイヤだ」と、近くの東根温泉へ行くようになった。
今も3泊4日で、東根温泉へ気のあった友だちと行っている。
妻と二人だけの朝食時、母のことが話題になる。

「いつ帰ってくる?」と私。
「たしか今日かなぁ」と妻も曖昧な返事。
「そうかぁ、失敗したなぁ。魚を3切れしか買ってこなかった。母の分がない」昨日の買い物を思い出した私。
「後で買ってくるからいい。もっと泊まってくればいいのに...」妻が笑う。

「あのなぁ、さくらんぼもぎの時、脚立に上ってもいでたなぁ。あれはまずいよ。あの歳で万一怪我でもされたら、世間の笑いものになる」と私。
「手伝ってとは頼まないのに... 勝手にやるんだもの。それでいて、『疲れた、疲れた』と言うんだから...」
「あのなぁ、『あの歳なのに、手伝わせている』と世間では言うんだ。母も、それくらい分からなきゃ。もう歳だから、おとなしくしてればいいんだよ」
「やっぱり、一緒になって働いてるって思いたいんだね。怪我のことなど考えない」
「83にもなれば、転びやすくなるし、脚立から落ちたらそれこそ大怪我だぞぉ。身体がもろくなっているんだから... そのことをちゃんと母にいわなきゃぁ」
「うん...」妻は頷きながらも、なんとなく(困ったなぁ)という顔。
腹を痛めて産んだ親子関係じゃないから、きっと実の親子みたいにしっくりいかないのかなぁ

いくら後期高齢者だの、なんだのと言っても、当人はまだ若いと思っているのだろう。年老いた、もうなにもしないでいいとは考えたくないのかもしれないなぁ
その歳になってみないと分からないのだが... 68にもなれば、若い人たちからみれば、もうれっきとした老人である。なのに... 自分では、うふふ まだ老人という意識がない。
自分のことをさておいて、母ばかりを責めるわけにはいかないなぁ

80712-8j.jpg

80712-8k.jpg

80712-8n.jpg


80712-8i.jpg


今朝の気温21度、小雨。昨日は32度まで上がる
  1. 2008/07/14(月) 05:54:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4