FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

松 島(雄島にて)

松 島・雄 島 にて

奥松島へは毎年行っている。
松島は湾になっているので、いつも比較的静かだが、奥松島は外洋にも面しているので、静動両面が楽しめるから嬉しい。
「かんぽの宿 松島」に宿泊を予約してあり、ホテルの所在地が東松島市(奥松島)である。

「天童の家」を午前9時過ぎに出発、関沢で山形道にあがり、東北道~三陸道を走り、松島海岸で下りる。
平均時速84Kmで走り、10時20分には松島海岸へ着く。
「今日は松島をじっくり観たい!」妻のリクエストがあり、雄島へ

松島には幾度も来ているが、雄島は はじめて... こんなによい所があるのかぁ とびっくり
五大堂や福浦島へは自然に足がむけくけれど、雄島へはこれまで行ってなかった。
小さな赤い橋を渡ると、そこは別世界かと思われる静かで雅たムードが溢れてる。

松尾芭蕉もこの地を訪ね、句を詠んでるのだが... なぜか「奥の細道」には載せていず、代わりに?曽良の句をあげている。
       松島や鶴に身を借れほととぎす  曽 良
 雄島が磯は、地続き(誤り、橋が架ってる)て海に出でたる島なり。雲居禅師の別室の跡、座禅石などあり。はた、松の木陰に世をいとふ人もまれまれ見えはべりて、落穂・松笠などうち煙りたる草の庵、閑かに住みなし、いかなる人とは知られざながら、まづなつかしく立ち寄るほどに、月、海に映りて、昼の眺めまた改む。(奥の細道より)

『百聞は一見にしかず』だから、ね 次に、雄島で撮った写真を並べることにする。

80706-d.jpg


80706-h.jpg


80706-i.jpg


80706-f.jpg


80706-j.jpg


80706-g.jpg


写真をたくさん撮った。順々にアップしよう
スポンサーサイト



  1. 2008/07/08(火) 10:22:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スイカズラ誤謬

スイカズラの画像に誤りがあった。
阿蘇望亭さんから、スイカズラの実は黒いとのご指摘があり、調べたら、やはり黒で、うう 赤い実は何?と えへへ 悩みだした。
ところが救いの神がいるもので、昨年月山にご一緒したメイさんがちゃんと答えをだしてくださり、私の悩みは払拭された。ありがたいことです

以下は、阿蘇望亭さんの掲示板の写し

スイカズラの実 投稿者:こんの 投稿日:2008/07/07(Mon) 20:59 No.2839
阿蘇望亭さん スイカズラの実、調べたら黒い!ですねぇ
うう、私の見ているのは何の実? 花はちゃんとスイカズラの花なんですが...
スイカズラ 赤い実がなるのは、蔓性ではないのです
黒い実は、いつ頃実になるのでしょう(困ったなぁ)

それから、蝶の舞いは、松島に行く前に撮った画像です
松島の画像は、今処理中です

--------------------------------------------------------------------------------

Re: スイカズラの実 メイ - 2008/07/07(Mon) 21:22 No.2840


こんばんわ~こんのさん。

阿蘇望亭さんお先に失礼~<(_ _)>

スイカズラ科の「ヒョウタンボク」でしょうか・・・
金銀木ともいわれているようですが。

山形や磐梯山周辺でも見かけましたよ~(^^ゞ

--------------------------------------------------------------------------------

Re: スイカズラの実 阿蘇望亭 - 2008/07/07(Mon) 21:35 No.2841


メイさん、ありがとうございます。
こんのさん、今しがた書き込みに気づいて、きっと何方かがご存知だと思いますので・・・何て、書こうと思っていたところにメイさんの有難い書き込み!よかったですねえ(^o^)
・・とすると、これまでいただいていた花の画像は全てこのヒョウタンボクだったのですねえ。全く違いに気づきませんでした^^;
ヒョウタンボクは、2 個の液果が合着して瓢箪形になることからこの名があるんだとか!その実は赤くておいしそうながら、猛毒だそうですよ~こんのさん、桑の実みたいに口に入れないよう注意してくださいネ(^^)

--------------------------------------------------------------------------------

Re: スイカズラの実 こんの - 2008/07/08(Tue) 05:47 No.2845


メイさん ありがとうございます!! 懐疑をもちながらも、どうしたものかと悩んで?いたのです
阿蘇望亭さん 画像の全部がヒョウタンボクではないのです。混在してますね
ヒョウタンボクは、花期が早く、スイカズラは現在も咲いてます。蔦性ですから分かります
メイさん さすがに花のオーソリティですねぇ 感謝!です
阿蘇望亭さん 松島の画像は、只今処理中ですので、もちょっと後刻に持って上がります




Re: スイカズラの実 メイ - 2008/07/08(Tue) 10:13 No.2847


こんのさん、おはようございます(^^♪
山歩きで見事に咲いたスイカズラを見ると感激ですね~
オーソリティなんてとんでもない・・・ただ花が好きなだけで(~_~;)

赤い実になる・・・は、ヒョウタンボクとハナヒョウタンボクがあるようで・・・・ハナヒョウタンボク(落葉低木)のほうかしらと思ってます(^^ゞ。
http://www.geocities.jp/noziaoi/hanahyoutanboku.htm

我が家に長年住み着いているスイカズラです。
場所や気候でも咲き方が少し変わることも多いようですね。

--------------------------------------------------------------------------------

スイカズラ こんの - 2008/07/08(Tue) 10:37 No.2848


メイさん ご丁寧な説明、誠にありがとうございます
ハナヒョウタンボクですねぇ(納得!です)
  1. 2008/07/08(火) 06:01:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

むむぅ

80705-30.jpg


憎い?風

毎日暑い日が続いてる。
母と息子はエアコンをつけているが、私と妻はまだ使っていない。
今年の暑さは、むしむししないから風さえあれば、そう気になる暑さではない。エアコンの冷たさがあまり好きでないこともある。
もっとも蒸す夜は、エアコンなしでは耐えられないが...

妻は団扇を二つもってきて、一つを私に渡す。それぞれ自分に風を入れ、涼ををよんでいる。
私は汗かきだが、暑さにはそんなに苦手な方でない。
団扇の風を妻に送る。その方がなんとなく恰好?がつき、落ち着く。風を受けた妻の顔が涼しげで可笑しい。

妻は、マッサージよりも撫でてもらうことを好む。へへ 私たちはスキンシップを大切にしている。
妻は、遠慮なしにマッサージをリクエストする。お互いさまでやりあっている。
(余談? 風呂場では互いの背中をながしあう)
しかし、お互いに疲れているときなどは、そのリクエストが重荷に感じることがある。
そんな時、マッサージに力が入る。っふふ、痛みを感じるほどに力が入ってしまう。
「パパ、そんなに力を入れないで! もっと優しく撫でて...」
「う~む」と頷きながらも、力がこもってしまうから可笑しい。

洋間でテレビを観ながら団扇を使う。うう、面白いテレビでない。もう眠りたい気がする。私の団扇の動きが激しくなる。
「パパ、そんな憎らしいような風を送らないで!」妻がいう。
(憎らしい風?)へへ、そうか、少し苛立った私の気分が、団扇の風になったのだなぁ

マッサージに、風に、遣り手の気分がのって相手に伝わるのだなぁ
決して妻が憎らしいわけではない。自分の苛立ちや重荷感が、マッサージや風を通して伝わってるのだ。
うむむ、そうかぁ うふふ、おかしなものだなぁ
「憎らしいママめ、いや大好きなママ...」大笑いした私は、洋間を後にし、風呂場に向かった。(風呂を浴び、もう寝よう)

80705-40.jpg


今朝の気温20度、雲多い
  1. 2008/07/08(火) 05:35:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4