FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

鍋 合 戦


71209-10.jpg

上の画像は、合戦セレモニー

71209-20.jpg


天童冬の陣 平成鍋合戦が9日 県スポーツ総合運動公園で行われた。はじめは小学校庭でやっていたが、会場が手狭になって「ららパーク」に移し 今年の正月までは ららパークで行っていた。
今回の鍋合戦は、第13回目となり会場も運動公園になった。これまではシャトルバスを運行したりとたいへんだったが、今度は駐車場の心配もなくなったし、会場自体が広くなった。
第12回鍋合戦は、今年の正月にあったから、今年は正月と12月の2回の鍋合戦となった。

「鍋合戦」とは、鍋料理を競い合って 鍋将軍(1位)と鍋の局(2位)を選ぶ競技。競技方法は、一次審査(事前に一般応募で選ばれた審査員が食べ歩きでの審査を行い、その合計点で)、二次審査(一次審査で選ばれたチームの鍋を特別審査員がステージ上で試食し、その得点をもとに 将軍とお局をきめる。
今年の出陣したのは、31鍋。仙台ホルモンモツ鍋(300円) いも煮鍋(400円) 日本一の芋煮会フェスティバル鍋(300円) 仙台牛タン福カレー鍋(400円)...県内外から自慢の鍋が出陣する。
仙台・相馬・中国(海鮮松茸鍋)・ニュージーランド(ヘルシー鍋)・イタリア(マロスティカの鱈福鍋)・ブラジル(カンジャデ・ガリーニア)・秋田(はたはた鍋)・網走(カニ鍋)など県外や外国の鍋も合戦にさんかするから面白い。

ステージでは、羽黒山山伏による法螺貝の演奏、天童妙見太鼓の演奏、ダンスパフォーマンスなどが賑やかだ。
このイベントは、人気があって観光バスで大勢の人がやってくる。250円~500円で自慢の鍋が食べられるから嬉しい。

今年の将軍は「じゃがバター鍋」(鰹だしにたっぷりのバターを染みこんだじゃがいも、そして肉だんご・300円)、お局は「謙信ちゃんこ」(とんこつでだしをとり、白醤油とこんぶで味を調え、豆もやし、上杉ポーク、鰹のつみれ、揚げもちをいれた・400円)となった。


71209-30.jpg


妻と一緒に鍋料理を堪能した。顔見知りの人とも出会い楽しかった。
スポンサーサイト



  1. 2007/12/10(月) 07:02:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0