未分類日記以前の天童の家RSS|

山の神 2



「山の神」は、2016年2月17日にエントリしている。
もっと以前にアップしたように思ってたが、ページを捲ってみて一昨年の冬だったのが分かる。
それで今回は、また「山の神」を目指し(意図し)て行ったわけではない。

散歩してて、あまりに天気が良いものだから、つい足をのばしたら、いつの間にか「山の神」だった。
ここまで来たのだからと、神妙に柏手をうった。もう子宝にあやかる必要はないのだが、そこはそれ、なにですからね
ごちゃごちゃ言わずに、まずは撮ったのを並べることにする。

180222-01.jpg

180222-02.jpg

        180222-03.jpg

180222-04.jpg

180222-05.jpg

180222-06.jpg

180222-07.jpg

        180222-08.jpg



スポンサーサイト
  1. 2018/02/23(金) 06:11:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

散歩道は......



立谷川沿いのサイクリングロードは、お気に入りの散歩道である。
しかし、今は積雪が多く歩くことが難儀だ。雪中行軍を覚悟しなければならない。
堅雪になれば楽にあるけるのだが、今年はなかなか堅雪にならない。

それでもカンジキ着用で歩いた跡があって、その足跡をたどればなんとか歩ける。
へへ 他人様の足跡を追いかけるようにして歩いてみた。
カンジキの人は、いったいどういう目的で歩いたのだろう?

散歩コースを 1/5 ほどの所で、カンジキの跡はUターンしてるので、引き返す。

180220-y1.jpg

180220-y2.jpg

180220-y3.jpg

180221-40.jpg



  1. 2018/02/23(金) 05:10:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

春を呼ぶ



野面には、雪がまだどっさりあるのだが、農家の人々は、雪消えを待たずに、剪定作業などをはじめてる。
畑へ行くために先ずアクセスを確保する除雪から。はい 冬を雪と一緒に捨て、春を呼んでる。
剪定は、そう春を呼ぶ作業である。
屋根の雪下ろしも春を呼ぶ作業だ。(笑)

180221-52.jpg

180221-55.jpg

180220-r1.jpg

180220-r2.jpg



  1. 2018/02/22(木) 15:56:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鴨たちが



近くの湖沼は、軒並み氷が張ってしまった。こんなに氷結したのは珍しい。今年は寒さが厳しいのだなぁ
例年、鴨たちで賑わう湖沼には、姿が見えない。餌がとれない、泳げない、氷だらけの所に用はないのだ。
あのようにたくさんのカモたちは、いったいどこへ行ったのだろう?

その答えは、だんだんに分かってきた。氷結しない川にカモたちの姿を見る。
いつもなら見ることもない河原、流れの中にいて、気づかないで歩いてると、突然にバタバタバタと一斉に飛び立つ。
その音、姿に驚き、呆然と見つめる。そして慌ててカメラを向ける。


180220-10.jpg

180220-20.jpg

180220-30.jpg

180220-40.jpg

180220-04.jpg

180220-60.jpg

180220-50.jpg

180220-03.jpg

180220-05.jpg

180220-06.jpg

180220-07.jpg



  1. 2018/02/22(木) 05:10:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金子兜太逝去



   袋剥ぎ除染土落とせば土五尺しずみて終の置場のごとし      福島市・青木崇郎

高野選者は、次のように評す。
  第四首、注に「大熊町中間置場」とある。福島の苦悩は続いている。

上は、朝日歌壇(2月19日づけ)より

高野選「第二首と第三首は、朝日俳壇に金子兜太さんのいない空白感を詠む。」としての入選歌。
3.11とは関わりないが、金子選者の逝去が今日(21日)報じられてるので、その歌を次に

   「アベ政治を許さない」人病みたまうアベ政治なお続く厳冬    水戸市・中原千絵子

   兜太選休みの月曜ものたりぬ木の芽ふくらむ春待ち遠し      倉吉市・谷本邦子


  1. 2018/02/21(水) 15:11:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0