FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

3.11関連短歌・俳句ほか



   職譲り蜘蛛の囲くぐり帰りけり    熊谷市・時田幻椏

3.11関連句ではないが、畏友 時田さんの俳句である。11月11日の朝日俳壇で、大串選で入選しておられる。

次は、時田さんのブログからの転載である。

 昔「建築を業とし蜘蛛の網掃ひえず」と言う我が句を御取り頂いた事がある。
 そんな意識があるので社長を息子に譲った今も、蜘蛛の巣を掃う事も無く、回り込んだり潜ったりしていた。
 庭師が入り今回の作業で大方の巣は取り除かれてしまったが、我が情況に重ねて庭に驚くほどの数が在った蜘蛛の囲を詠む事は、俳句から離れた私にとっても極自然な作句だったのである。


   原発事故風化の中に帰る所無きまま彷徨う八年目の苦悶    いわき市・守岡和之

↑久しぶりの3.11関連短歌である。11月18日付け朝日歌壇より。


   汚染土の墳墓の如く山眠る   福島県伊達市・佐藤 茂

↑11月25日付け朝日俳壇より


   放射能まだ手付かずの山眠る  福島県伊達市・佐藤 茂

以下は、3.11関連作ではないけれど、ちょっと関心をひいた作やことがらなどを取り上げた。

   露の世や四十分で人焼ける      長野市・懸  展子
   露の世に大往生といふがあり     長野市・懸  展子

   客降ろし出発を待つ運転手ネジを巻くごとスクワットする   さいたま市・栗田幸生
   メキシコにモーゼなくとも乳と蜜流れる国がそこにあるのだ    渋川市・中村幸生

↑12月2日付け朝日俳壇・歌壇より

「客降ろし」「メキシコにモーゼ」の作者名が、「栗田幸生」「中村幸生」で、共に「幸生」。
へへ ソレガシの名前が、「今野幸生」であり、それで(あれっ!?)と思ったのである。

へへ それだけのこと(笑) ...... でもね、こういうことって、ちょっと珍しいかなぁ
ふ~む ただし、ソレガシは俳句も短歌も詠めない。読み専門である。(汗)


   誰一人責任とらず冬原発       飯塚市・釋 蜩硯         

   まっ先に冬は仮設の屋根に来るじいんとともる灯りが寂し     福島市・美原凍子

   月山の頂きに雪ひとひらの雲のかかりて夕空に映ゆ        山形市・瑶子

↑句・歌は、朝日俳壇・歌壇(9日付)より
 「月山の」は、3.11関連作ではないけれど、「この季節ならではの月山のすばらしい夕景」 佐佐木選者評に同感(笑)
       
181207-10.jpg

                           ↑ ↓     12月7日に撮影

181207-20.jpg

181207-30.jpg

181209-01.jpg

                     ↑  ↓ 12月9日撮影

181209-02.jpg

181206-cp1.jpg



スポンサーサイト
  1. 2018/12/11(火) 05:10:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

雪 景 色


8日の夕方から9日の朝にかけ、10cmほどの降雪があった。
雪国に生まれ育った者にこれくらいの降雪には驚きもしない。
(今年もとうとう来るべきものが来たなぁ)との感慨はわく。

小屋に片付けてある雪掻き道具を出し、今シーズンはじめての雪掻きをする。
3月上旬頃まで、スノーダンプ・雪掻き箆(へら)・ショベル等が玄関先に居座ることになる。

雪国に暮らす者にも、美しい雪景色は美しく見える。(笑)
はい、雪景色がすべて美しいとは限らない。醜い姿の雪景色もある。
「腐れ雪」と言ってるだらっとしてる雪は決して美しい景色をつくらない。

新雪に差し込む陽光は、美しさを演出してくれる。
寒さと、新雪と、陽光は、美の共演者である。(笑)
雪国の冬の陽光は、大きな、嬉しいご馳走である。

181209-10.jpg

181209-20.jpg

181209-30.jpg

181209-40.jpg

181209-50.jpg

181209-60.jpg



  1. 2018/12/10(月) 05:10:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

花 に 雪


今年の初雪は、11月23日だった。
12月8日 カーテンを開けると、雪がちらりほらり

朝のルチンワークを済ませ、朝食にはまだ時間があるのでカメラを持って庭へ。
ウメモドキの赤い実に薄っすらと積もった雪を撮るが、なかなか思うようなのがゲットできない。

サンシュユの実にもカメラを向けるが、納得できない。
ホット・リップスが寒さにめげずきれいに咲いてる。
(やっぱりサザンカの花かなぁ)との思いが強く、庭を諦める。

先日撮ったサザンカと雪のコラボ画像には不満を感じていた。
雪が溶けかかって、花に重くのしかかってるようで、サザンカが可愛そうだった。
(もう一度撮りなおそう!)と思ったのである。

181208-20.jpg

181208-30.jpg

181208-40.jpg

181208-50.jpg

181208-60.jpg



  1. 2018/12/09(日) 05:10:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ブレ画像?



三脚はあるのだが、ほとんど使わない。花火の時くらいかなぁ
滝や渓流の時も必須だが、三脚は重荷に感じられ、足が遠のいてる。
手ブレ防止機構を信じ(笑)1/8秒でも手持ちで撮ってしまう。

先日午後3時頃、昏いと感じ、絞りを5.6、シャッタースピードを 1/100 にしてシラサギ飛翔を撮った。
手ブレ画像が多かったが、中にブレてないのもあり、画像処理をする。
しかし、なんかおかしな画像もあって、どう処理すべきかに迷う。

納得出来ないまま、画像を並べる。
どなたか「これこれこうだ」と教えていただければ嬉しい!
ということですので、どうかよろしくお願いいたします。

181204-s1.jpg

181204-s2.jpg

181204-s3.jpg

181204-s4.jpg

181204-s5.jpg

181204-s9.jpg



  1. 2018/12/08(土) 05:03:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

冠雪の高山たち



4日、散歩していたら朝日連峰などがきれいに眺められた。
「天童の家」辺りからは、百名山の内、月山・朝日連峰・蔵王山の3座が見える。
山形には、この他に鳥海山・飯豊連峰・吾妻連峰の名山があるのだが、それは見えない。

鳥海山は、年に数回見られるが、4日は見られなかった。
里は初冬だが、高山はもうすっかり冬で、新雪の積もった山は、人を容易に寄せ付けない。
この日、また朝日と月山を撮ったのは、2日のそれと違う山を撮れないかと思ったのだった。

雪を頂いたこの時季の名山の姿を撮った(イメージというか思惑通りにはいかなかったが)ので並べよう。

181204-10.jpg

                     ↑ 蔵 王 山          ↓ 月 山

181204-20.jpg

181204-30.jpg

181204-40.jpg

               朝日連峰

181204-50.jpg



  1. 2018/12/07(金) 05:12:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4