未分類日記以前の天童の家RSS|

百合の花



散歩に行っていないので、画像がない。
庭に咲く花たちへカメラを向けた。

180619-10.jpg

180619-20.jpg

180619-30.jpg

        180619-40.jpg

180619-50.jpg



スポンサーサイト
  1. 2018/06/20(水) 16:53:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

先日の散歩で



先日、久しぶりで散歩した。
その時に、スイカズラと一緒に撮ったもので、画像フォルダに残っていたもの

180616-01.jpg

180616-02.jpg

180616-03.jpg

180616-04.jpg

180616-05.jpg

180616-06.jpg



  1. 2018/06/19(火) 16:19:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さくらんぼ通信 4



息子を助っ人にし、17日はさくらんぼの収穫をやった。
18日も夜が明けるとさくらんぼ畑で収穫作業。
17日・18日とパソコンの前には座らなかった。
今 やっと2日分の時間を持っている。(笑)

さくらんぼは、注文を受けた分、市場へ出荷用、贈答用に分けて対応。
ようやく峠を越し、今週末にはどうにか片がつく目処がたった。

180617-10.jpg

180617-20.jpg

180617-30.jpg

180617-40.jpg

180617-50.jpg

180617-60.jpg

180617-70.jpg



  1. 2018/06/18(月) 17:02:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

スイカズラ



スイカズラの花が、今年も咲いた。大好きな花である。
スイカズラを漢字では、忍冬とかく。北国の厳しく、長い冬を緑の葉っぱで越す。
冬を耐え凌ぐ、という思いだけでなく、その花が好きなのである。

ヒョウタンボクの花と酷似だが、やはりこっちが本物だ(笑)と、思う。
ヒョウタンボクは、赤い実をつけ、その名前の通りに瓢箪形で、なかなか趣がある。
スイカズラの実は、あまり目立たない黒っぽいかわいい実である。

好きな花を並べる。

180616-10.jpg

180616-20.jpg

180616-30.jpg

180616-40.jpg

180616-50.jpg

180616-60.jpg

180616-70.jpg

180616-80.jpg


  1. 2018/06/17(日) 05:10:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

夜が短い



夜が短い。午前4時を過ぎると、もう明るくなる。
部屋の東西にあたる戸窓には遮光カーテンがあるけれど、北側の窓は障子戸になってて、夜が明けたのがよくわかる。
夜明けとともに起き出し、それぞれの仕事をはじめることになる。

さくらんぼの収穫作業は、色づきを確かめながらで、まだ毎日ではない。
13日と14日は畑仕事をやった。ネギの除草。枝豆の播種をする。
毎日、畑の見回りをする。『足音は田んぼの肥やし』と言われるように、とにかく畑へ行く。

カボチャの花がたさん咲き出した。人工授粉をすれば確実なのだが、今年もハチさんたちにお願いしている。
カボチャの蔓は、1日に10数センチ以上も伸びる。新しい蔓も生えてくる。10株植えたので、互いが絡み合わないように伸びる方向を調整する。脇芽も摘む。
1株に5個ならせれば、へへ 今年は50個のカボチャが収穫できる。昨年とほぼ同じである。

キクイモは、屋敷内にあったのを少し離れた畑に植え替えた。屋敷内ではあまりにも繁茂し過ぎ、美観に問題があったからである。
小川が流れる土手の脇だから、美観上も、またキクイモの柄(茎)の処理もしやすい等を考慮した結果である。土手の脇だから、その分手荒い雑草も蔓延る。その除草も力仕事になる。

今日の写真(下)は、そうした朝仕事をしにでかけた時に撮った。
県総合運動公園メイングラウンドの照明灯が写ってる。その向こうにさくらんぼの雨除けテントがたくさん並んでる。さらにその向こうが月山の麓の山々である。

180613-10.jpg

180613-20.jpg



  1. 2018/06/16(土) 05:10:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2